ホーム > NZブログ > ニュージーランドワイン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.7.3 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン会 「アストロラーベ」 の会

ニュージーランドワイン会 「アストロラーベ」 の会

こんにちは。
先日、毎月恒例のニュージーランドワイン会の日でした。

毎月テーマを決めて開催しているこのワイン会、おかげさまで1周年を迎え、100名以上方が訪れてくださいました。

リピーターの方も、はじめましての方も、来てくださることに心から感謝です。
このブログを読んでくださっている読者の方の応援も、本当にありがとうございます。

さて、今回のテーマは「アストロラーベ」というワイナリーにさせていただきました。

(先日のニュージーランド滞在時にも、アストロラーベにお邪魔させていただきました)

アストロラーベは、1996年にサイモン・ワグホーンを中心に、ニュージーランドのマールボロ地方に設立されました。

compass1445698019

19世紀初頭にマールボロの海岸にやって来たフランス船の名前であり「天体観測儀」を意味するアストロラーベという名前には、「優れたワインを生み出すために常に冒険と新たな発見をし続けたい」という思いが込められています。

その味と実力はお墨付きで、国内外でのコンペティションでの数多くの受賞暦をはじめ、ニュージーランドを代表するワイン評論家ボブ・キャンベルに「アストロラーベは紛うことなくニュージーランド産ソーヴィニヨン・ブランの造り手の頂点に立つワイナリーである」と高く評価されています。

IMG_5290

今回は1周年を記念して、白金高輪にあるビューラウンジにて開催させて頂きました。

まだ日の高い18時からスタート。
徐々に日が暮れていき、東京タワーのナイトビューが、ワイン会に華を添えてくれました。

IMG_5321

乾杯は「ドライ リースリング 2016」で。

リースリングとしては非常にドライな仕上がりで、最初の1本目としてとてもお勧めで、またフードにも良く合います。

お食事としては、その日がとても暑かったため、元気になり、かつワインに良く合うものを考えさせていただき、「ラタトゥイーユ」をご用意させていただきました。

IMG_5287

夏野菜をたっぷり味わっていただきながら、ワインとあわせていただきました。

続いては、ソーヴィニヨン・ブラン3種を飲み比べ。
「マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン2016」「アワテレヴァレー ソーヴィニヨン・ブラン2017」「ケケレング・コースト ソーヴィニヨン・ブラン2016」の3種類です。

それぞれに色合いも味わいも少しずつ異なる3本、それぞれがこれが美味しい、これが好みだという談義で盛り上がりました。

個人的には、最近日本での販売が開始となった、ケケレング・コーストが、やはり面白いなと思いました。

ケケレング・コーストは海岸線に非常に近いところにあるブドウ畑で作られたワインで、後味にほのかな塩味を感じるのが特徴です。アストロラーベ以外でここのブドウを使ったワインを作っているところはほとんどありません。

フードには、その塩味を生かすため、「ホタテのカルパッチョ」「エビとアボカドとタマネギのマリネ」をご用意。

IMG_5288

ソーヴィニヨン・ブランと魚介という王道のマリアージュを出させていただきました。

5本目は、「シャルドネ2015」です。

その昔、アストロラーベのシャルドネを飲んで、本当に驚きました。この値段でこのクオリティーを出せるところはなかなかありません。
実際に、ワイン評論家から「ニュージーランド産シャルドネの最高峰」と評されていたりします。

非常にクリーミーで濃厚な口当たりの中にも、トロピカルフルーツのような凝縮感と、ナッツのようなロースト香が口に広がります。ロングトーンの白ワインで、単体でもゆっくり飲むことができます。皆様からも、美味しいという声がたくさん聞かれました。

こちらにあわせたのが、「カルボナーラ」です。

IMG_5292

カルボナーラの持つ濃厚な口当たりが、シャルドネに良く合っていたと思います。

最後に「ピノ・ノワール2015」をお出ししました。
熟したプラム、ダークチェリー、樽のフレーバーが口の中に広がり、なめらかなタンニンのバランスの良い、マールボロのピノ・ノワールを非常に良く現した1本だと思います。

こちらには、ローズマリーと一緒にしっかりと焼き上げた「チキンロースト」をお出ししました。

IMG_5294

そして今回は、デザートを最後にご提供させていただきました。
夏らしく、グレープフルーツゼリーを作りましたが、お口直しに喜んでくださってよかったです。

IMG_5295

今回は贅沢に少人数の会となりましたが、これからもアストロラーベのように「常に挑戦と冒険心を忘れることのない」ワイン会を開催していきたいと思っています。

IMG_5321

お集まりくださった皆様、ありがとうございました!

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.6.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

「樹の花」にて出張ニュージーランドワイン会開催しました

「樹の花」にて出張ニュージーランドワイン会開催しました

こんにちは。

先日、東銀座にある隠れた名店「樹の花」にて、ニュージーランドワイン会を開催させて頂きました。

樹の花は歌舞伎座のすぐ近くにある喫茶店で、1979年に創業。

あのジョンレノンとオノヨーコも来店した隠れた名店で、創業以来東銀座の一等地で長く経営されているカフェです。

image2

ハンドドリップで淹れるコーヒーの他、本格インドカレーやケーキも充実していて、ゆったり静かに時間を味わえる素敵な空間なんです。

樹の花:詳しくはこちら

そんな素敵な場所をお借りしまして、このたびニュージーランドワイン会を開催させて頂きました。

いつも通り、ワインのセレクトとお料理を担当させていただき、今回はリーズナブルな価格設定ということもあり、4本+スペシャルワイン1本という構成でご提供しました。

13名のお客様とともにスタートした会は、スパークリングワインにて乾杯しました。

1)ワインポートフォリオ マンスフィールド&マルシュ メソッドトラディショナル[NV]
or ワインポートフォリオ ミミ メソッドトラディショナル[NV]

ホークスベイにある「ワインポートフォリオ」というワイナリーの作る、カジュアルなスパークリングワインです。

伝統的なシャンパーニュ地方と同じ製法で作られているにもかかわらず、お手ごろ価格で飲みやすく、果実のテクスチャーや複雑味を感じられる1本です。

マンスフィールド&マルシュのほうがやや辛口、ミミの方がやや甘めで、どちらかお好きのものを選んでいただきました。

こちらには、前菜として「ピンチョスとキャロットラペ」をご用意。

IMG_5258

少し酸味の利いたキャロットラペが、スパークリングワインとマッチしたのではないでしょうか。

2)サイフリード・エステート オールドコーチロード ライト・ソーヴィニヨン・ブラン2017

こちらはアルコール度数をやや抑え目に作られていて、酸味やフレッシュさのしっかりした、ソーヴィニヨン・ブランです。

梅雨の季節や、これから暑くなる季節、良く冷やしてお召し上がりいただくと、とってもフレッシュに美味しく飲める1本です。

こちらには、「魚介のセビーチェ(マリネ)」をあわせていただきました。

IMG_5260

レモンやライム、ワインビネガーを利かせた魚介が、ソーヴィニヨン・ブランを引き立ててくれたと思います。

3)クーパーズ・クリーク シルバーポイント ピノ・ノワール2016

フレッシュな果実味とふくよかなベリーやチェリーの香りが口いっぱいに広がりながらも、優しくシルキーな飲み口で、まさにニュージーランドのピノ・ノワールの特徴がしっかり表現されている1本です。

香りの豊かさに、多くの方が驚きの声を上げてくださいました。

お料理は、「スペイン風オープンオムレツ~ジェノバソースを添えて

IMG_5259

お肉料理をメインにあわせるイメージの多いピノ・ノワールですが、味付け次第では、こういった卵料理にも良く合うんですよ。ジェノバソースがポイントです。

4)クーパーズ・クリーク ローンカウリ メルロー&マルベック2009

ピノ・ノワールとは対照的な、フルボディーでしっかりとしたメルロー&マルベックをご用意しました。
プラムやダークチェリー、しっかりと利いたパワフルなタンニンと酸味、そして土の香り。バランスよく混ざり合う、デイリーワインとして最高の1本です。

こちらには、「キャベツの肉巻き~照り焼き風味~」をご用意しました。

IMG_5263

和風に味付けしたお肉料理ですが、こちらのワインに良くマッチしていたのではないかなと思います。

そして最後に、マヌカハニーから醸造された蜂蜜酒「ファーストナイト」をご用意しました。

breezeonlienshop_1st-night-half_3

マヌカハニーの持つ芳醇な香りと、シトラスの爽やかな香り、優しい甘みとすっきりした味わいを味わえるので、デザートワインや最後の1本として大変お勧めです。

実は今回が樹の花さんとのコラボレーションのファーストナイトであり、樹の花さんにとっても、数年ぶりのワインイベントだったということで、この1本をプレゼントさせていただきました。

特にこのワインは皆様にも大好評で、たくさんの美味しいというお声を頂きました。

おかげさまで今回も大盛況に終わり、皆さん大変楽しそうにお帰りいただけたことが何よりでした。

しかし、ニュージーランドというテーマで声をかけると、ニュージーランドに縁のある方が多くいらっしゃるのですね。

今回はニュージーランドに留学していた、住んでいた、行き来しているという方が、3分の1もいらっしゃいました。

今後もまた樹の花をはじめ、色々な場所、レストランにてワイン会を開催予定です。
どうぞご期待くださいね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.6.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

「クラウディーベイ × Two Rooms」メーカーズディナー

「クラウディーベイ × Two Rooms」メーカーズディナー

こんにちは。

前回のグリロジーにて行われたメーカーズディナーに続いて、表参道にあるレストラン「Two Rooms」にて開催された、クラウディーベイのテクニカルディレクター、ジム・ホワイト氏によるワインメーカーズディナーについて、レポートさせていただきます。

Two Roomsは六本木にあるRoby Jack’sと同じ会社の経営する、表参道にある人気のレストランで、数多くのワインメーカーズディナーが開催されているレストランです。

グリロジーと同じく、日が沈むころからスタートし、Two Roomsのテラスにてクラウディーベイの誇るスパークリングワイン「ペロリュス」と長崎産の牡蠣が振舞われました。

IMG_5062

やはりこれは王道のマリアージュですね。

どんなに工夫したり、創作しても、やはり牡蠣とペロリュスに勝るフードマリアージュは無い、そう思わせるほどの印象がありました。

この日も天候に恵まれ、すばらしい夕暮れとともにペロリュスと牡蠣を味わっていると、室内に通されました。

IMG_1189

室内で最初にサーブされたのは、この日もクラウディーベイの誇る「ソーヴィニヨン・ブラン2017」です。
フードとしてペアリングされたのは「海老のカクテル」でした。

IMG_5064

丁寧に火入れされた海老と添えられたソースが、ソーヴィニヨン・ブランと最高にマッチしていました。これは本当に美味しかったです。

続いてはもうひとつのソーヴィニヨン・ブラン「テ・ココ2014」と「NZ産スカンピの鉄板焼き~アヴォカドガーデン柚子胡椒」でした。

IMG_5076

テ・ココの樽熟成のスモーキーな味わいが、この料理の持つ複雑なテクスチャーに混ざり合い、本当に美味しいマリアージュでした。素材自体もスカンピが本当に新鮮で、目利きのよさも光りました。

その次はクラウディーベイ「ピノ・ノワール2015」と、「グリーンリップ ムール貝のプレゼ&和牛カルパッチョ」でした。

IMG_5084

これは正直、度肝を抜かれました。

和牛カルパッチョに注がれた、カルダモンを使っただしが、料理全体の香ばしさを引き出し、和牛のまろやかさとピノ・ノワールの最高のフードマリアージュができていました。

これはもう、本当に脱帽です。感動でした。

最後に、最高級ピノ・ノワールの「テ・ワヒ2015」と「ゆっくり火入れしたラムラック」でした。

IMG_5088

お料理がかなり強いラムの味わいでしたので、好き嫌いがはっきり分かれると思いますが、これだけレアで味のあるラムにも負けないテ・ワヒのポテンシャルを感じるという一面では良かったと思います。

そして最後にデザートとして「70%ダークチョコレートタルト&アイスクリーム」が出されました。

IMG_5095

これはTwo Roomsのスペシャリティなのでしょうね。自信と気品あふれるデザートを頂くことで、心が完全に満たされました。

確かにグリロジーの料理もすばらしかったのですが、これだけ数多くのスペシャリティを出されると、Two Roomsの方に軍配が上がるかなというのが正直な感想でした。

そしてこの日もジムのホスピタリティーが炸裂。
恐らく全員の参加者と話しをしていたのではないかなと思います。

Two Roomsの雰囲気と、美味しい料理、クラウディーベイのワイン、そしてジムの空気感。これらが全てマッチした、最高の夜になりました。

本当に、たくさんのお料理にサプライズを受けた夜になりました。
今日も関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2018.6.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

「クラウディーベイ × グリロジー」 メーカーズディナー

「クラウディーベイ × グリロジー」 メーカーズディナー

こんにちは。

何度も記事を書かせていただいている、ニュージーランドでもっとも有名なワイナリー「クラウディーベイ」のテクニカル・ディレクター、ジム・ホワイト氏が来日し、2日間メーカーズディナーを開催しました。

ジムといえば、先日もアップさせていただいたクラウディーベイの収穫時期のドキュメンタリーでガイドをしてくれた方です。

詳しくはこちら

今回は2日間という短い東京滞在でしたが、東京初日のこの日は、ヒルトン東京お台場のレストラン「グリロジー」にて、メーカーズディナーが開催されました。

IMG_1195

海風が心地よく、ちょうど日が沈み始めたころから、グリロジーのテラスにて、スパークリングワインの「ペロリュス」と前菜が振舞われました。

IMG_4989

前菜には「42ヶ月熟成イベリコ豚の生ハム

IMG_4992

IMG_4991

ラムサモサキノアを使ったイカ飯キャヴィア添え」が振舞われました。

IMG_4998

特に生ハムは目の前で切り出して、サーブしてくれました。口に入れた瞬間に生ハムが溶けて無くなるほどに濃厚な味わいと甘みのある脂で、本当に美味しい生ハムでしたが、ペロリュスとのマリアージュはベストとは言えず・・それぞれ単体で楽しみたい印象でした。

イカ飯のほうは、メニューではソーヴィニヨン・ブランとのマリアージュと書かれていましたが、ペロリュスと一緒にサーブされました。

こちらは程よい酸味とスパイス感があり、ペロリュスともよくマッチしているなと感じました。

しばらくして、室内に案内され、ソーヴィニヨン・ブラン2017がサーブされました。

こちらに関しては、特にマリアージュが無くて残念でした・・

続いては、シャルドネ2016とともに、「タラバ蟹、牡蠣のスパイスキャラメリーゼ、赤貝、春豆のサラダとトマトカプレーゼムース添え」というお料理がサーブされました。

IMG_5018

シャルドネはソーヴィニヨン・ブランと同じ、ソーヴィニヨン・ブラン用のグラスに注がれたことがちょっと驚きでしたが、シャルドネのクリーミーさとポテンシャル、ニュアンスは失われていなかったので、良かったです。

お料理は単体としてはとてもすばらしかったですが、蟹や牡蠣、赤貝などは、どんな味付けをしても、やはりソーヴィニヨン・ブランのほうがマッチングするなと感じました。。

このペースで書いていくと、長編の記事になってしまいますね(笑)
これ以降は、それぞれのワインとフードのみ、ご紹介します。

クラウディーベイのもうひとつのすばらしいソーヴィニヨン・ブラン「テ・ココ2014」とは「イサキのグリル
雲丹のエンジェルヘアパスタ~アスパラガスのプロス コーンスプラウト~
」。

IMG_5024

このマッチングもすばらしかったです。コーンスプラウトのほんのりとした甘さが、テ・ココを引き立てていました。

クラウディーベイの誇る最高級ピノ・ノワール「テ・ワヒ2015」とは、「オーストラリア産ドライエージングビーフテンダーローインとフォアグラ入りダークチェリーコンポート」。

IMG_5034

テンダーローインステーキの濃厚で肉厚なジューシーさは言うまでもありませんが、フォアグラの香りとダークチェリーが、テ・ワヒとすばらしくマッチしていました。

そして最後に、デザートと紅茶orコーヒーがサーブされて終了です。

IMG_5056

IMG_5053

これらのマリアージュは本当に私にとって最高の勉強となったのですが、今回もうひとつお伝えしたいのが、ジムのホスピタリティー、場を盛り上げるエンターテイメントの要素です。

非常に驚かされました。

全てのテーブルにジムが周り、一人ひとりの参加者と丁寧に話をする。
そして参加者の中にたまたま結婚記念日の方がいたので、ジムのオーガナイズでサプライズでお祝いをする。

こういうことはわかっていてもなかなかできないことだなと、大変に感動しました。

グリロジーの美味しいお料理、クラウディーベイのワイン、そしてジムのホスピタリティーによって、すばらしい夜が演出されていたように思います。

IMG_1194

兎にも角にも、大変楽しい時間を過ごさせて頂きました。
関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2018.6.18 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン試飲会2018 レポート

ニュージーランドワイン試飲会2018 レポート

こんにちは。

昨日は六本木にあるリッツカールトンにて行われた「ニュージーランドワイン試飲会」へ行ってきました。

この会はニュージーランドワインだけを集めた日本最大規模の試飲会で、毎年開催されています。

IMG_1181

昨年も参加させていただきましたが、今年は27のインポーターと、インポーター募集中のワイナリー1社から、合計250以上のワインが出展されていました。

そんな中から、今回もいくつかのワインをご紹介させていただきます。

まずは、王道でありながらもその美味しさに心惹かれたのが、「アタ・ランギ」のピノ・ノワール2015でした。

IMG_5217

アタ・ランギはニュージーランドの最高峰のピノ・ノワールの生産者と評されており、「ニュージーランドのロマネ・コンティ」とも呼ばれています。
因みに生産地はパネルが間違っています。セントラルオタゴではなくマーティンボロです。

非常に決め細やかで繊細なタンニンが骨格を作り、優しい赤いベリーの果実が凝縮されています。滑らかで優しく、高貴。さすが、アタ・ランギの看板を背負うだけあるポテンシャルです。これは是非、ゆっくりと飲んでみたいです。

続いては、「コンラッド・ワインズ」のゲヴュルツトラミネール2017が、素晴らしかったです。

image1

こちらはまだ日本未発売で、輸入されるかどうかも未定だそうですが、優しく繊細な白い花やジンジャーのような甘いアロマに、程よいスパイスとミネラル感、そして滑らかな舌触りが優美なワインで、単体でも、食事にあわせても良いパフォーマンスを発揮しそうなポテンシャルの1本でした。

是非、日本に輸入して欲しいものです。

最後は、「ヴァンダル」のゴンゾー・ホワイト2016。こちらもとてもユニークなワインでした。

image2

ヴィオニエ、ピノグリ、リースリングを元に造られたオレンジワインですが、一般的なオレンジワインのような苦味やえぐみは抑えられており、ヴィオニエから来る、ほどよいスパイスと、ピノグリとリースリングの持つ気品の良い甘さがバランスよくマッチしていました。

オレンジワイン初心者にはもってこいで、フードにも合わせやすそうです。

他にも素晴らしいワインが数多くあり、たくさん紹介したいのですが、厳選して3つに絞らせていただきました。

しかし、今回の会も大変勉強になるとともに、改めてニュージーランドワインのポテンシャルの高さを確信しました。

ニュージーランドワイン、これからさらに日本市場内での評価が高まっていくことを願うとともに、少しでも多くの人に味わっていただきたいと思った一日でした。

最後に楽天ブリーズオンラインショップ及びヤフーブリーズオンラインショップでも取り扱っております!

我妻

タグ : ,

投稿日 : 2018.6.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2012年度のエアーニュージーランド・ワインアワード・チャンピオンワイン「グラスホッパー・ロック セントラル・オタゴ ピノ・ノワール2010」

2012年度のエアーニュージーランド・ワインアワード・チャンピオンワイン「グラスホッパー・ロック セントラル・オタゴ ピノ・ノワール2010」

こんにちは。

今回もやって参りました、毎年のエアーニュージーランド・ワインアワード・チャンピオンワインを飲むという企画。

前回試飲した2011年度は少し残念な結果になりましたが、気を取り直して2012年度のチャンピオンワインをテイスティングさせていただきました。

この年のチャンピオンは、「グラスホッパー・ロック」というセントラル・オタゴにあるワイナリーのピノ・ノワール2010です。

IMG_3720

個人的には大好きなセントラル・オタゴのピノ・ノワールということで、非常に楽しみにしていました。

しかも、グラスホッパー・ロックは、ピノ・ノワールだけの生産者なんです。
こちらが作られたアーンズクルー・ヴィンヤードという畑は、セントラル・オタゴの中のアレクサンドラというエリアにあり、世界の中でも最南端にあるブドウ畑の一つなのだそうです。

最南端にありながらも、日照の強い地域で、その寒暖差が果実に強い影響を与え、凝縮感のあるブドウが作られています。

グラスホッパー・ロックは、現在日本に入荷されていませんし、小さなワイナリーですが、セントラル・オタゴの中ではトップクラスの品質を誇り、それでいて価格は控えめなため、コストパフォーマンスの高いことでも知られているそうです。

そういった事前情報が、さらに期待感を膨らませてくれます。
しかも8年前のヴィンテージですから、順調に熟成していれば、ピノ・ノワールにとって、まさに最高のコンディションなはずです。

さて、スクリューキャップをあけ、リーデルのセントラル・オタゴ ピノ・ノワールグラスに注ぎます。

IMG_3727

ピノ・ノワールとしては、かなり濃い目のブラック・ルビーのような色合いです。
セントラル・オタゴのピノ・ノワールは、濃い色のものを良く見かけます。

香りをかぐと、芳醇なベリー系の香りと、完熟したプラムのような風味がいっぱいに広がります。黒い果実の宝庫という印象で、香りからして複雑なテクスチャーがあることが容易に想像できます。

そうして口に含みますと、非常にインパクトのある果実味、しっかりとした骨格を持ちながらも、繊細なベリーや完熟したプラムの甘さ、ローストしたナッツのような香り、そして柔らかなスパイスと酸味、口の中で長く優しくずーっと続くタンニン。これら全てがバランスがよく混ざり合って、香りのときに感じたように、何層にもテクスチャーが広がっていきました。これは本当に美味しいです。

特に完熟したプラムのようなフレーバーと甘さ、長く続くタンニンが、ずっと絡み合い、このピノ・ノワール全体を作り上げている印象です。

色々なニュージーランドのピノ・ノワールを飲んできましたが、これは本当にレベルが高いなと思いました。

しかもこれでNZ$40(3200円)程度というのだから、本当に驚きですね。

これはぜひとも、日本に入荷して欲しいなと感じました。

今日は大変すばらしいワインにめぐり合えて、嬉しい気持ちで終えられました。

【過去のチャンピオンワインのテイスティングレポート】

2011年:ヴィラマリア「シングルヴィンヤード・ホークスベイ シャルドネ2010」

2010年:ペレグリン「ピノ・ノワール2009」

2009年:ユリヒャー「ピノ・ノワール2008」

2008年:チャーチロード「リザーブ・ホークスベイ シラー2007」

2007年:トリニティーヒル「オマージュ シラー2006」

2006年:デルタ・ヴィンヤード「ピノ・ノワール2005」

我妻

タグ : , ,

4 / 24« TOP...3456...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information