ホーム > NZブログ > ボーデン・バレット

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2021.5.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ジャパンラグビー トップリーグ2021 年間表彰式

ジャパンラグビー  トップリーグ2021  年間表彰式

5月24日(月)にジャパンラグビー トップリーグ2021の年間表彰式が行われました。

オールブラックスで今シーズンサントリーサンゴリアスでプレーしたボーデン・バレットは、6トライ・37G・8PGで合計128得点を挙げ、得点王に輝きました。また、ベストフィフティーンにも選出されました。

3472449840651664649_origin

惜しくも決勝でパナソニック ワイルドナイツに敗れ、サントリーサンゴリアスは準優勝となりましたが、ボーデン・バレットは華麗なプレーでトップリーグをより一層盛り上げてくれたと思っています。

以下、ボーデン・バレットのオンライン記者会見です。

Q. 入団会見の時に、トップリーグで10番としての経験を積みたいと話していましたが、実際に1シーズンプレーしてみて向上した部分はありますか

A. ブルーズやオールブラックスでは10番でプレーしていない時間が長かったので、サントリーで機会を与えてもらって10番でプレーすることができたのはありがたかったです。自分としても10番でプレーすることを楽しみましたし、自分がコールを決めてアタックができるというところもすごく好きな部分なので、またニュージーランドに帰ってからもオールブラックスとしても今の良いパフォーマンスを継続できるようにしていきたいです

Q. 決勝で負けた時はとても悔しそうな表情をされていました。日本ラグビーのレベルの高さをどのように感じましたか

A. 自分が日本で学んだことはたくさんあって、ニュージーランドに持って帰ることができることもたくさんあります。スピードやスキルのレベルの高さなどです。サバティカルで来ていると、休暇で来ているという見方をされるかもしれませんが、全然そんなことはなくて、日本のトップリーグのレベルは、トップ6-8チームはスーパーラグビーのスタンダードがあると思います。プレーオフのクボタ戦・パナソニック戦で経験したように、チャレンジングな試合になるので、レベルの高い経験ができました

Q. サントリーのチームメイトから、ボーディーは世界トップのプレイヤーなのに身体が硬いと冗談交じりで言われていましたが、それについてどう思いますか。また、チームメイトに信頼されるのはなぜか自己分析してください

A. 身体の硬さについては、自分でもそう思います(笑)遺伝で、父親もとても身体が硬いです。ストレッチしても足の指先までなかなか手がつきません。あと、なぜチームメイトに信頼されるのかについては、信頼されるためにしっかりと戦いの準備をして、チームメイトが自分を信じてプレーしてもらえるように努力しています。勝つことも負けることもあるので、昨日は負けてしまいましたが、それもラグビーだと思っています

同じくオールブラックスでNTTドコモレッドハリケーンズのTJ・ペレナラがベストフィフティーンとJ SPORTS賞にも輝いています。
彼の活躍も本当に素晴らしかったですよね。。。

また、ハイランダーズ出身でサントリーサンゴリアスのテビタ・リーは10トライを挙げ、最多トライゲッターを受賞し、ベストフィフティーンにも選出されています。
残念ながら怪我でプレーオフには出場できませんでしたが、さらなる飛躍を期待しています。

3472449842056536585_origin

今シーズンも新型コロナウイルス感染拡大予防のため、試合後などに独占インタビューができず、キウイブリーズらしい情報をなかなかお届けすることができなかったのが残念です。。。1日でも早くコロナが終息することを願っています。

今後もニュージーランドにフォーカスした独自目線で取材していきますので、どうぞお楽しみに!

ではでは

熊木

(写真 ©︎JRFU)

タグ : , , ,

投稿日 : 2021.5.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

第58回日本ラグビーフットボール選手権大会 兼 トップリーグ2021プレーオフトーナメント 決勝 サントリーサンゴリアス vs パナソニック ワイルドナイツ

第58回日本ラグビーフットボール選手権大会 兼 トップリーグ2021プレーオフトーナメント 決勝 サントリーサンゴリアス vs パナソニック ワイルドナイツ

5月23日(日)に秩父宮ラグビー場にて行われた、第58回日本ラグビーフットボール選手権大会 兼 トップリーグ2021プレーオフトーナメント 決勝 サントリーサンゴリアス vs パナソニック ワイルドナイツを取材してきました。

来季からは新リーグとなるため、今日がトップリーグ最後のゲームとなります。
新型コロナウイルス感染拡大予防のため、観客は上限5000人で開催されました。

キウイブリーズが注目するのは、サントリーのボーデン・バレット

3R1A6449

前半はパナソニックが得点を重ね、23-7で折り返しました。

この試合をもって引退するパナソニックの福岡のトライは、チームをさらに勢いに乗せたことでしょう。

3R1A6322

サントリーのボーデン・バレットは徹底的にマークされていてなかなか自分の思うようにいきませんでした。

 

3R1A6453

ただそんな中でも攻守にわたり奮闘していました。1人で2人の相手選手を止める姿も!

3R1A6530

後半はサントリーが追い上げ、あと5点差というところまでいったものの、一歩及ばず。。。
結果は、パナソニックが31-26でサントリーを下し、5度目の優勝を果たしました。

3R1A6718

パナソニックは動き出しが早く、ディフェンス陣がサントリーの攻撃に対して素早く対応していたので、サントリーの持ち味である攻撃を潰していったのが良かったのだと思います。
プレッシャーが強く、パナソニックのディフェンスはとにかく凄かったです。
一方サントリーは個人個人で頑張っていたものの、孤立してしまっていてチームとしてまとまりきっていなかった印象でした。

優勝したパナソニックの選手たち。とても嬉しそうでした!

3R1A6571

有終の美を飾った福岡。新たな道でも頑張ってほしいです。

3R1A6653

ニュージーランド杯は、パナソニックのNO.8ジャック・コーネルセンが受賞!
ソーシャルディスタンスを保って、授賞式が行われました。

3R1A6696

3R1A6706

ボーデン・バレットは数日中にニュージーランドへ帰国し、その後オールブラックスへ合流するそうです。
また数年後に日本でプレーしてくれたらなと思います。

試合後には悔しそうな姿を見せていましたが、気持ちを切り替えて観客席に挨拶へ向かいました。

3R1A6602

奥さんであるハンナさんのもとへ。。。

3R1A6626

また、ボーデンの奥さんであるハンナさんを見かけたので、声をかけて少し話しました。

3R1A6732

日本での滞在で何が印象に残りましたか?と聞いたら、「京都が素敵でした」と答えてくれました。
ぜひまた日本に来たいと言っていました。

新型コロナウイルスの影響で開幕が延期になり、短縮してリーグ開催となったものの、今シーズンを無事に終えられたことを嬉しく思います。

3R1A6422

新リーグについてはまだ詳細が発表されていないので、また改めて情報をお届けしていきたいです。

トニー・ブラウンは日本代表のアシスタントコーチとして合流するため、来日しています。
また静岡or別府で会えるのが楽しみです!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2021.4.3 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2021 リーグ戦 第6節 サントリーサンゴリアス vs クボタスピアーズ レポート

トップリーグ2021 リーグ戦 第6節 サントリーサンゴリアス vs クボタスピアーズ レポート

2021年4月3日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われた、トップリーグ2021 リーグ戦 第6節 サントリーサンゴリアス vs クボタスピアーズを取材してきました。
キウイ・ブリーズが注目する選手は、サントリーのボーデン・バレット

3R1A3970

クボタのバーナード・フォーリー

3R1A3708

そして元オールブラックスのライアン・クロッティ

3R1A3927

です。

レッドカンファレンス全勝同士の対決は、サントリー・クボタともにお互いの良さを潰す戦い方でした。
なので、試合を観ている人からしてみたら、歯がゆく感じたかもしれません。
地味な戦いでしたが、とにかくお互いを分析し合っているなと感じました。
どっちが勝ってもおかしくない試合でした。

クボタはFW陣のパワーが強く、素晴らしい働きをしていました。
バーナード・フォーリーはシンビンになったものの、上手かったです。ボーデン・バレットと同じポジションかつ、オーストラリアとニュージーランドというライバル関係でもあるので、余計に力が入ったのかもしれません。

3R1A3792

バレットは終始クボタからの厳しいマークを受けていましたが、バックパスなど上手く使っていました。視野が広く、ボールがどう来るか見ているような動きをしていました。
始めはSOでしたが、後半途中からFBにポジションをチェンジしました。
後半38分には田村からのパスを受け、最後は個人技で魅せてくれました。ああいうプレーでトライをとり、MOMにも輝くところが流石ですね。。。

3R1A3955

オールブラックスでもFBでプレーをしていて、FBの方が自由に動けるので、あの決勝トライにつながったのでしょう。

試合は33-26でサントリーが勝利しました。

会見でキャプテンの中村も「10番であれ15番であれ、グラウンドにいるだけでチームメイトとして頼もしく感じる。

3R1A3888

ゲームコントロール、ラン、キック、パスとすべてにおいてハイレベルで、チームを前に動かしてくれる選手。」と言っていましたが、どこのポジションにいても自らの実力を発揮し、さらに周りをうまく動かすことができるのはさすがだなと思います。

3R1A3802

試合後には、ボーデン・バレットが奥さんのもとへ行き、ハグからのキス!

3R1A4015

ラブラブでした。こういった光景はなかなか日本では見られないですよね。
周りからも「ヒュー!」と歓声が上がっていました。

最後に。。。
流の満面の笑みが良かったので、その瞬間の写真を!

3R1A3842

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2021.3.20 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグ2021 リーグ戦 第4節代替 東芝ブレイブルーパス vs サントリーサンゴリアス レポート

トップリーグ2021 リーグ戦 第4節代替 東芝ブレイブルーパス vs サントリーサンゴリアス  レポート

3月20日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われた トップリーグ2021 リーグ戦 第4節代替 東芝ブレイブルーパス vs サントリーサンゴリアス を取材してきました。
先週の13日に雷雨の影響で前半途中で中止になり、本日代替試合が行われました。

キウイブリーズが注目したのは、サントリーのボーデン・バレット!

3R1A1332

あと元オールブラックスの東芝のマット・トッドです。

3R1A1312

ボーデン・バレットの素晴らしいところは、とにかく視野が広い!!

3R1A1415

神戸製鋼のベン・スミスも同じく視野が広いのですが、違いはキックの多様性です。
予想外のところにボールを回すなど、ディフェンスの不意を突いていました。

3R1A1227

さらに2・3人先の選手にパスをするシーンもありました。よく見えるなと思いました。。。

彼はマークされている中でも、パスのもらい方が上手でした。決め切る力は流石です!

3R1A1324

SH流ともコミュニケーションをよくとっていて、やりたいラグビーをするために周りを上手く動かすことができるのが、世界で活躍している一流の選手なんだなと思いました。

3R1A1212

また、サントリーのテビタ・リー。

3R1A1432

キレがあって、BKなのにパワフルでした。
トライを決め切れる力を持っていますので、今後楽しみな選手です。

3R1A1442

宗像サニックスブルースに所属しているカーン・ヘスケスと似ていますね。
パワーがあって止めにくいですし、途中から出場したときには空気を変えられるインパクトプレイヤーだと思います。

あと、なんといってもサントリーのNo8 テビタ・タタフ!
マン・オブ・ザ・マッチに輝く活躍ぶりでした。
とにかく強い。。。臆することなく突っ込んでいき、東芝のリーチ・マイケルを吹っ飛ばしていました。

3R1A1281

3R1A1288

サントリーはチームとしてまとまっていて、FW・BKともにやるべき仕事をしっかりやっていました。

対する東芝はマット・トッドが後半27分に意地のトライ!しかし東芝はミスや反則が多く、終始サントリーが圧倒していました。

試合は73-5でサントリーが勝ちました。
メディアぬきで1ファンとしていい試合を見れたなと感じました。。。

試合後に選手とコミュニケーションを取りたいですが、今は我慢の時です。

トップリーグの試合が見られることだけでもありがたいですよね。
コロナが落ち着いたらまた独占インタビューをしたいです!

余談ですが、ボーデン・バレットは後半26分に下がってからマスクしていたのですが、鼻までしっかりガードしていました。

3R1A1522

海外は今までマスク文化があまりなく、ここだけの話マスクをしていても鼻が出ている選手も少なくないのです。。。
そういった面からもボーデン・バレットは真面目だなと思いました。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2021.1.6 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見レポート

サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見レポート

こんばんは!
1月6日(水)に東京プリンスホテルにて行われた、サントリーサンゴリアス ボーデン・バレット 入団記者会見を取材してきました。

ボーデン・バレットは現在29歳で、ポジションはSO、FBです。

3R1A0145

ワールドラグビー年間最優秀選手賞を2度受賞し、現在もオールブラックスの中心選手として活躍しています。

ラグビーワールドカップ日本大会では、弟のスコット・バレット、ジョーディー・バレットと三兄弟揃って試合に出場するなど大活躍していたので、記憶に残っている方も多いかと思います。

スーパースターのボーデン・バレットが日本のトップリーグでプレーするということで、多くの報道関係者が来ていました。

IMG_6851

注目度の高さがうかがえます。

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、一人ひとり検温や消毒など厳重に対策された上で、記者会見が行われました。

まず、ボーデンから「日本に来ることができて嬉しいです。家族を含めて快適に過ごせています。」さらに、「サンゴリアスの一員になれて光栄です。トップリーグ開幕がとても楽しみです。」と挨拶しました。

また、「サンゴリアスのラグビーが自分に合っています。」と話していました。

3R1A0103

記者から「対戦したい相手は?」という問いに、神戸製鋼のブロディ・レタリックとベン・スミス
NTTドコモレッドハリケーンズのTJ・ペレナラの名前を挙げていました。

オールブラックスのチームメイトとの対戦を、彼自身もとても楽しみにしているようです!
また、対戦したいチームはパナソニック ワイルドナイツとのことです。

さらに、「10番(SO)と15番(FB)はどっちが好き?」と尋ねられ、「10番」と答えていました。

3R1A0168

トップリーグは1/16(土)に開幕します。

サントリーサンゴリアスは、豊田スタジアムにてキアラン・リードが所属するトヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦します。

ボーデン・バレットは「(メンバーの)23人に選ばれるよう頑張ります。」と話していました。

3R1A0179

新型コロナウイルスの感染者が日々増えていて心配ではありますが、今季のトップリーグが無観客試合にならないことを願っています。

それではまた。

タグ : , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information