ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.4.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

舞行龍ジェームズ 7ヶ月ぶりの出場!!

舞行龍ジェームズ 7ヶ月ぶりの出場!!

先月麻生グランドにて練習試合を見てから、2週間。

その時の記事はこちら

ついにこの日がやってきました!!!

本日、韓国の蔚山とACLで対戦した川崎フロンターレ。

2018年9月9日以来の出場となった、川崎フロンターレの舞行龍ジェームズ

3R1A3379

前半パスミスによって相手にチャンスを与えてしまったシーンはあったものの、これから試合の出場時間が長くなれば、もっとフィットするレベルでした。

また、前半に谷口が奈良と交代。谷口の怪我の状態が心配ですが、もし離脱と仮定すると、舞行龍をはじめとしてこの試合でスタメンとして新たにチャンスをもらった選手をピッチに送り出した鬼木監督の采配は間違っていないと思います。

舞行龍はカバーリングでも良いプレーが見られたので、まずは試合に出て少しでも絡むことがフロンターレの今後にもかかっているのではないでしょうか。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2019.4.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドワイン「キャット・シリーズ」をテイスティングしました。

ニュージーランドワイン「キャット・シリーズ」をテイスティングしました。

キャット・シリーズ」のソーヴィニヨン・ブラン2014、ピノ・グリージョ2014、シャルドネ2014、メルロー2013をテイスティングしました。

キャット・シリーズ」のワインは「ローンカウリ」シリーズ同様、1980年にオークランド北部のフアパイに設立されたワイナリー「クーパーズ・クリーク」によって生産されたワインです。

「香りの魔術師」という異名を持つサイモン・ナンズ氏のもと「全てのぶどうを常に最良のものが得られる場所で育てる」というポリシーを掲げ、常に新しいぶどうに挑戦を続ける名門ワイナリーです。

ラベルに猫の絵がデザインされ、キャップの上の部分に肉球が1つ、その周りを足跡が一周するデザインがとても可愛らしいので、特に猫好きな方はデザインも楽しめるワインです。

5

①「Cat’s Pee on a Gooseberry Bush」

2

ソーヴィニヨン・ブラン 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「セリヨウスグリの茂みにかかった猫のオシッコ」というユーモアあふれる名前のソーヴィニヨン・ブランは、セイヨウスグリやグレープフルーツ、トロピカルフルーツのしっかりとしたアロマが特徴的で、爽やかな酸味の余韻が続く白ワインです。

アサリと豚ロースと春キャベツの白ワイン蒸し」とマリアージュしましたが、アサリの旨みと春キャベツ、ローズマリーのハーブ感が爽やかで清涼感あふれるソーヴィニヨン・ブランにピッタリでした。

10

②「Posh Puss」

3

ピノ・グリージョ 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「上品な猫」というユニークな名前のピノ・グリージョは、桃や洋ナシなどの豊かなアロマが香り、フレッシュでフルーティーな爽快な白ワインです。

「エスニック風蒸し鶏」と「生春巻き」とマリアージュしましたが、ピリ辛なエスニック料理の辛さをピノ・グリージョが和らげてくれて、スッキリと楽しむことが出来ました。

どんな料理にも合わせやすい安心の白ワインです。

8

③「Fat Cat」

1

シャルドネ 2014

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13%

「太った猫」という遊び心のある名前のシャルドネですが、「太った」とは、トロピカルフルーツのアロマやアメリカンオーク樽で熟成された樽感とバニラの香りが強い「豊かな」フルボディのワインであることを意味しています。

チキンとアスパラのクリームパスタ」とマリアージュしましたが、濃厚なクリームソースに負けない辛口のシャルドネが相性抜群でした。

6

④「Tom Cat」

4

メルロー 2013

生産地 イースト・コースト
アルコール度数 13.5%

「雄猫」を意味するメルローは、ブルーベリーやカシスのアロマとフレッシュな甘み、程よい酸味と共に、アメリカンオーク樽で熟成された深みのある味わいです。

ビーフシチュー」とマリアージュしましたが、重めのデミグラスソースを柔らかいタンニンがさっぱりさせてくれてマッチしました。

9

高品質を保ちながら気軽に楽しめるお手頃なワインを生産する「クーパーズ・クリーク」が生み出す「キャット・シリーズ」のワインは、遊び心あふれるワインなので、リラックスして楽しめるオススメのワインです。

楽天ブリーズオンラインショップでも取り扱っておりますので詳細はこちら

杉山

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.4.1 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オールブラックス ライアン・クロッティ クボタスピアーズ 加入!

オールブラックス ライアン・クロッティ クボタスピアーズ 加入!

またまた嬉しいニュースがやってきました!!
本日正式にプレスリリースが出ましたので、やっと記事で書けます!

改めて彼の紹介を。。。
ライアン・クロッティ

FullSizeR

ポジションはCTBです。
オールブラックスでは44キャップ!クルセイダーズでは、チームの中心選手として活躍しています。

彼が次に来日するときにインタビューしたいと思っています!

以下、クボタスピアーズからコメントが発表されています。

ライアン・クロッティ:

2019年末からクボタスピアーズに合流すること、そして日本のラグビーを通して経験することのすべてに対して、楽しみにしています。
私は幸いにもニュージーランドで長くキャリアを積んできましたが、その経験をクボタスピアーズで活かし、私が愛するラグビーを継続していきたいと思います。

フラン・ルディケ ヘッドコーチ:

クボタスピアーズの勝つ文化を築くためにライアン・クロッティのようなワールドクラスの選手の加入はとても喜ばしいことです。
スピアーズには立川理道やフェルミューレンのように優れたリーダーがいますが、そうした選手には数年に渡り、チームにより良い影響を与え、未来のスピアーズを作ります。

クルセイダーズだけでなくオールブラックスでも活躍し、チームを勝利に導いた彼がチームに与える影響は計り知れません。
彼のチームへの貢献に期待しています。

実はトップリーグへの新加入がまだプレスリリースされていないNZの選手もいるので、発表され次第こちらでもご紹介します。

どうぞお楽しみに!

ではでは

熊木

投稿日 : 2019.3.31 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2019 ダイヤモンド・トロフィー ニュージーランドワイン2種選出 特別セットのご紹介

“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2019 ダイヤモンド・トロフィー ニュージーランドワイン2種選出 特別セットのご紹介

先月、幕張メッセにて発表された“SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2019のダイヤモンド・トロフィー。

以前の記事はこちら

ニュージーランドワイン2種類が、なんとトロフィーに選ばれました。
昨年はトロフィーには選ばれず、一昨年は1本だったので、過去最高です。

それを記念しまして、楽天ブリーズオンラインショップでトロフィーセットを100個限定で販売します。

トロフィーワインをご紹介いたします!

まず1本目は、シレーニ セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン 2018

3R1A3481

ニュージーランド北島のホークス・ベイにワイナリーがあり、日本で一番売れているニュージーランドワインです。

トロピカル・フルーツ、レモンやライム、西洋スグリなどにハーブや青草が入り混じった洗練された香りで、クリーンで真っ直ぐなフルーツの味わいが口いっぱいに広がり、フレッシュな酸が果実味を引き立てています。

バランスに優れ、ドライでフレッシュな後味が印象的なワインです。

アウトドアで飲むのに最適で、コストパフォーマンスの高い1本です。和食など、料理にも合わせやすいです。

続いてはインヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨンブラン 2018

3R1A3482

ニュージーランドで最もクリエイティブなワイナリーと言われているインヴィーヴォ。こちらのソーヴィニヨンブランはマールボロで生産されています。

ボトルを開けるとまずフレッシュなハーブや青草、フローラルなライムの香りが立ち昇ります。活気に満ちた新鮮でみずみずしい味わいを感じることができ、シレーニと比べると味わいに厚みのあるソーヴィニヨンブランです。
中華料理や焼鳥などに合わせるのもおすすめです。

この2本セットを、送料込みで4080円で全国発送いたします!

詳しくはこちら

沖縄だけはすみません。送料が通常の料金となってしまいますのでご了承ください。。。
今後改善が必要だと思っています。

ご注文お待ちしております!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.3.27 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

Āio: The Last Paradise Of KiwaのPRでAWAが来日!

Āio: The Last Paradise Of KiwaのPRでAWAが来日!

こんばんは

今日紹介するのは、AWA(アワ)。写真では一番右です。
左は今回の作品を書いたジェイミー、真ん中はプロデューサーのブレンデン。

AWA(アワ)はニュージーランドでは伝説となっているニージャンミスティックのメインボーカルで、日本でも多くのアーティストとコラボレーションをしています。

10年以上の友人であり、彼の日本での音楽活動でマネジメントをしているのですが、昨年の秋位に「アニメの件で日本に来るよ」という連絡が入りました。

最初は「なんで!?」と思ったんですが、ストーリー聞いて納得しました。

彼のルーツはマオリ(ニュージーランドの先住民)。

3R1A3441

そして今回紹介するĀio: The Last Paradise Of Kiwaも、マオリの文化や歴史や人々が登場するストーリーです。

権利の関係であまり詳しく記事で紹介できないので、すみません。。。

今回のプロジェクトは別件もあり、あまりコミットできませんでした。

しかし、友人として一緒に飲みました!
飲んだ場所に選んだのは、渋谷にあるEbizo

新日本プロレスのファレも来てくれました!
翌日ニュージーランドに行くとのことでしたが、AWAも久々に話せて楽しそうでした。

最後はお店の前で撮影!

3R1A3423

そしてAWA(アワ)は本日ニュージーランドへ帰っていきました。
本日帰国前に彼の宿泊先へ行き、15分程と短い時間でしたが、色々話してきました。

今回のトリップも非常に良かったそうで、また日本に来ることになりそうです。
オファーも複数の会社からあり、これから吟味してコラボレーションするとのことです。

最後に、一緒に飲んだクラウディーベイの「ペロリュス」!

3R1A3431

成功祈願で、ラベルに3人のサインをもらいました。

3R1A3443

また、今回のĀio: The Last Paradise Of Kiwaのプレスキットをもらいました。

おしゃれなバッグに入っています!

3R1A3437

中身は、マオリのTIKIのUSB。

3R1A3447

また、和訳と英語のプロシーディング。

3R1A3438

また、彼らのベースでもあるウェリントンのウィッタカーチョコレートも入っていました。

3R1A3442

日本での公開が決まったら、キウイブリーズでも紹介します!

ではでは

熊木

投稿日 : 2019.3.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

川崎フロンターレ 舞行龍ジェームズ プレーを観に、麻生グラウンドへ

川崎フロンターレ 舞行龍ジェームズ プレーを観に、麻生グラウンドへ

こんにちは!
昨日は、川崎フロンターレ所属の舞行龍ジェームズのプレーを観に、麻生グラウンドへ行ってきました!

大宮アルディージャとの練習試合(45分×2本)は途中から出場して、次の慶應義塾大学との練習試合(45分×1本)では、舞行龍がキャプテンマークを巻く姿を観れてよかったです!

練習試合につき、戦術面などについては書けないので、ご了承ください。。。

1つ言えることは、舞行龍の状態は悪くないので、絶対チャンスは回ってくるのではないかということです!

練習試合後にファン・サポーターに会釈する舞行龍。

3R1A3381 - コピー

予定があり急いでいたので、ゆっくりファンサービスできなかったみたいです。

試合後、舞行龍の車で駅まで送ってもらい、少し話しました。

相変わらずお洒落でした!

FullSizeR - コピー

舞行龍の今シーズンの活躍を期待しています!!

ではでは

熊木

タグ : , ,

4 / 263« TOP...3456...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information