ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2019.7.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2019年川崎フロンターレ ファン感謝デー 舞行龍ジェームズレポート

2019年川崎フロンターレ ファン感謝デー 舞行龍ジェームズレポート

昨日7月20日(土)、等々力競技場で行われた2019年川崎フロンターレファン感謝デーに行って来ました。

3R1A3806

かれこれ12年以上の付き合いとなるニュージーランド出身の舞行龍ジェームズ。
彼が考案した、ベジマイトサンドを是非とも食べてみたくて。。。

3R1A3774

ニュージーランドではベジマイトを毎朝トーストにつけて食べている人が多く、朝食の定番なのですが、舞行龍が考案したようにポテトチップスを入れるのも人気です。

多くのファンに笑顔で応え、一人ひとりの目を見て対応していました。

3R1A3776

実際食べてみたところ、湿度が高かったせいかポテトチップスが思ったよりもかりっとしていなかったのが残念でした。。。
しかし、味としてはまあまあでした。

3R1A3784

その際もらったカード。

IMG_0430

川崎フロンターレはこういうサービスが非常に素晴らしいですよね!

そのあと横浜で一緒にBBQをしました!お疲れのところ、ファミリーで来てくれてありがとう。

シーズン中なので、あまりお酒を飲まない舞行龍。この日もペリエとノンアルコールビールだけでした。やはりプロだなと思います。

夏のうちに是非一緒にゆっくり飲みたいなと思っています。って言っても翌日オフでないといけないのでなかなか難しいかもです。。。

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2019.7.18 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

AIGジャパン「How NOT to Drive in Japan」プロジェクトに元オールブラックス主将 リッチー・マコウ 登場!

AIGジャパン「How NOT to Drive in Japan」プロジェクトに元オールブラックス主将 リッチー・マコウ 登場!

7月18日(木)に東京都内で行われた、〜How NOT to Drive in Japan〜「TEAM YOKOSO」発足式を取材してきましたので、レポートします。

AIGジャパンは、秋に日本で開催されるラグビーの世界的祭典に向け、「How NOT to Drive in Japan」プロジェクトを発足しました。

3R1A3648

9月から開催されるラグビーワールドカップや来年の東京五輪を前に、ますます増加する外国人旅行者と迎え入れる日本人が文化やルールの違いをお互いに理解し、より快適で安全・安心な日本滞在と豊かな交流をサポートするというものです。

このプロジェクトの趣旨に賛同した自治体、企業、インフルエンサーらと共に、外国からのお客さまを「Yokoso!(ようこそ!)」と心からおもてなしするため「TEAM YOKOSO」を結成し、そのメンバーの1人が、元オールブラックス主将 リッチー・マコウ氏です。

3R1A3705

他にも、ラグビーワールドカップでオールブラックスのキャンプ地である別府市長の長野恭絋氏

3R1A3682

銀座久兵衛 三代目の今田景久氏

3R1A3686

女優のすみれ氏

3R1A3717

コメディアン・動画クリエイターのミスターヤバタン氏

3R1A3670

駐日ニュージーランド大使館 公使 ドミニク・ウォルトンフランス氏

3R1A3681

がこのプロジェクトのメンバーとなっています。

取り組みのひとつである「How NOT to Drive in Japan」のスペシャル動画では、オールブラックスの選手たちが登場していて、日本の交通ルールをとてもユニークかつ分かりやすく伝えています。

動画はこちらから
TackleTheRisk.jp/film

リッチー・マコウは、スペシャル動画を見た後のインタビューで、「世界中を旅してきましたが、その土地の文化やルールをお互いに理解することが大事。楽しみながらお互いを橋渡しできるいい動画ですね」と話しました。

3R1A3660

また、マコウ自ら体験談として、日本でタクシーに乗った際にコミュニケーションで苦労したことがあると語りました。

駐日ニュージーランド公使のドミニク氏は、ラグビーワールドカップで、ニュージーランドから日本へ約4万5千人もの観光客が来日するだろうと予想。ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、訪日観光客は40万人に達する可能性があると予測しているので、ラグビー大国であるニュージーランドのラグビーにかける情熱が伺えますね!

イベント後のリッチー・マコウの囲み取材では、ラグビーに関する質問もありました。

3R1A3756

Q. オールブラックスと日本への期待は

A. オールブラックスはわくわくしていると思います。初戦となる南アフリカ戦は大変厳しい戦いとなるでしょう。また、日本代表はプール戦で厳しい戦いになることが予想されますが、前回大会で良い活躍をしたので、期待が高まっていると思います。

また、自国開催の日本に対し、「環境に左右されないということが大事。自国開催であっても、実際にプレーをするフィールドは同じ。自国であっても何も変わりはないと言い聞かせて、ベストなプレーをすることを心掛ける。その時の試合に集中し、最善を尽くすことが一番」とエールを送っていました!

キウイブリーズをご覧の皆さんも、外国人旅行者を「YOKOSO!」とおもてなしできるよう、ぜひウェブサイトをご覧になってみては!?

タグ : ,

投稿日 : 2019.7.17 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド女子バスケットボール代表 「トール・ファーンズ」 ウェルカム・レセプション レポート

ニュージーランド女子バスケットボール代表 「トール・ファーンズ」 ウェルカム・レセプション レポート

こんにちは。

7月17日(水)に厚木市内にて開催された、ニュージーランド女子バスケットボール代表チーム「トール・ファーンズ」のウェルカム・レセプションに参加してきました。

IMG_0356

昨年に引き続き、2回目の参加となりました。

厚木市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいてニュージーランドのホストタウンに登録されています。

トール・ファーンズは、12日に来日し、厚木市内でトレーニングを行なっています。
17日には、日本代表との練習試合を非公開で行いました。

そして、24日から台湾で開催される「ウィリアム・ジョーンズカップ2019」に参加します。昨年のウィリアム・ジョーンズカップ2018では、優勝しているので、今年も活躍に期待しています。

レセプション・パーティーには、市民の小・中学生も参加していましたが、このように海外の人と交流する機会はとても貴重です。

これをきっかけに、ニュージーランドに行きたいと思う方が増えたら、キウイブリーズとしても嬉しく思います。

IMG_0357

また、キウイブリーズ注目の選手は、ZOE RICHARDSです。

FullSizeR

今回唯一のオタゴ出身の選手です。
来日は今回が初ということで、「文化は違うけれど、とても良くしてもらっています!」と、はじめての日本の滞在を楽しんでいるようでした。

現在FIBAランクは42位ですが、東京オリンピックで彼女たちのプレーを見ることができたら嬉しいです!

FullSizeR (1)

応援しています!!

最後に、チームの選手からピンバッチをもらいました。

1

大事にします!

ではでは

熊木

タグ : ,

投稿日 : 2019.7.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグカップ2019 プール戦 第4節 東芝ブレイブルーパス vs NTTドコモレッドハリケーンズ レポート

トップリーグカップ2019 プール戦 第4節 東芝ブレイブルーパス  vs  NTTドコモレッドハリケーンズ レポート

2019年7月13日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われた、東芝ブレイブルーパスvs NTTドコモレッドハリケーンズの試合を取材してきました。

この試合で注目すべき点は、ハイランダーズでヘイデン・パーカーと同じポディションでライバルでもあったNTTドコモレッドハリケーンズのマーティ・バンクスです。

3R1A3344

生で試合を見るのは2017のサンウルブズ戦と昨年トップリーグでの試合以来だったので、彼がチームをどうマネジメントしているかを中心にレポートします。

また、試合後独占インタビューを行ったので、最後までお楽しみに!

この試合は東芝のセットピースやフォワードをいかに止めて得意の攻撃で相手にプレッシャーをかけることができるかだったと思います。

選手一人ひとりが気持ちの入ったディフェンスをしていました。

3R1A3512

現在、キープレイヤーが負傷または来日していなかったりとチームとして仕上がっていませんが、今後爆発する兆しを感じました。

また、攻撃に関しては相手を動かしスペースを見つけてトライをするスタイルは見ていて楽しかったです。

14番ジョセファ・リリダムのトライは素晴らしかったです!

3R1A3569

また、攻撃のキーパーソンとなっているのがマーティ・バンクスでした。

3R1A3427

攻撃のバリエーションが豊富で、キックも上手く入れて周りの選手を動かし指示を与え、良いポジショニングをするようにしていました。

3R1A3387

攻撃であと一歩でトライを挙げることができるシーンが複数回あったので、そこを取り切って終わったら結果が変わってきていたかもしれませんでした。

試合後は、両チームの選手が会場内を一周してファンにサインや写真のサービスをしていました。これは生で観戦するしか体験できないので、是非生で見てもらいたいです。

3R1A3624

試合後すぐなので、汗だくの選手と握手することで熱気を感じること間違いないです。

ここからは、マーティ・バンクスの独占インタビューです。

3R1A3626

本日の試合の感想は

試合には負けてしまったのですが、楽しかったです。ドコモの選手は先週のヤマハ戦と比べてもプライドを持って試合に臨めたと思います。東芝という強豪のチームに前半もあと一歩のところまで行けましたし、ゲームの展開も悪くなかったと思います。

今シーズンの目標は何ですか

私たちはもう1試合あります。それもライバルでもあるNTTコム戦です。今週同様厳しい戦いになると思いますが、良いパフォーマンスをして6週間のショートブレイクを迎えてたいと思います。

左足を痛めて交代をしたと思いますが、状態はいかがでしょうか

少し痛いですが、そこまでは状態は悪くないです。来週の試合に出れることを祈っています。数年前からの古傷がありますが、多分大丈夫です。

2週間前に日本に戻ってきてプレーをしているので、日本語で「あんまり良くなっていない」とジョークも出て和やかな取材になりました。

今年のW杯にオールブラックスとして選出されるであろうリアム・スクワイアは、11月にチームに合流する見通しとなっているとのことです。

3R1A4137

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2019.7.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

フェルトン・ロード ピノ・ノワール バノック・バーン2014-2017 垂直試飲

フェルトン・ロード  ピノ・ノワール  バノック・バーン2014-2017 垂直試飲

こんにちは。
ヴィレッジ・セラーズの試飲会に参加してきましたので、レポートいたします。

今回の試飲会では、フェルトン・ロード ピノ・ノワール バノック・バーン2014-2017を垂直試飲してきました。

フェルトン・ロードは、ニュージーランドワイン通ならご存知の方も多いかと思いますが、ニュージーランドの南島セントラルオタゴにあるワイナリーです。
初リリースの1997年ピノ・ノワールが高い評価を得て、セントラルオタゴの名を一躍世に広めた第一人者です。

IMG_3459

すべての畑はバイオダイナミック農法により育成し、自然酵母による発酵、果汁やワインに過度な圧力や負担をかけないよう重力を利用した醸造所内の設計やレイアウトなど、合理性を追求しながら、人的介入を最小限に抑えています。

また、ニュージーランド ピノ・ノワール生産者格付けで、5つ星生産者の評価を受けました。(2019年は512生産者のうち、わずか7ワイナリー)

それぞれのヴィンテージの特徴を、簡単ではありますがご紹介いたします。

2017(新ヴィンテージ)

2017

果実味豊かで、果実由来のきめ細かい酸味を感じました。
ブドウが成熟したことによる甘みやアルコールのボリューム感もあり、余韻も長め。
バノックバーンの4つの自社畑のブドウを使用(エムルズ、コーニッシュポイント、カルヴァート、マクミュアー)。13ヶ月間樽熟成。

2016

2016

色調は他のヴィンテージと比較するとやや淡めで、味わいも軽やかな印象。赤・黒系ベリーにスパイスのニュアンスが口に広がり、すっときれいに抜けていきます。
もう少し寝かせると味わいがまた変わってきそうです。
3つの自社畑のブドウを使用(エムルズ、コーニッシュポイント、カルヴァート)。13ヶ月間樽熟成。

2015

2015

上品な味わいで、果実の凝縮味が長く続き、シルキーななめらかなタンニンを感じました。
果実味、タンニン、アルコール感のバランスが良く、個人的に1番好みでした。
3つの自社畑のブドウを使用(エムルズ、コーニッシュポイント、カルヴァート)。13ヶ月間樽熟成。

2014

2014

熟成を経て、落ち着いてきている印象です。フローラルなアロマとスパイシーさがまとまり、エレガントな味わい。
3つの自社畑のブドウを使用(エムルズ36%、コーニッシュポイント52%、カルヴァート12%)。11ヶ月間樽熟成。

セントラルオタゴは、ここ数年冷涼なシーズンと温暖なシーズンが一年ごとに繰り返されています。
フェルトン・ロードは、ブドウのフィジカルな成熟度を見極めながら、摘み取るタイミングを早めるようになっています。醸造においても、より繊細で畑やヴィンテージのディテールを示すワインへと変化しています。

私自身、垂直試飲は初めての経験でしたが、このように1つずつ飲み比べることで、それぞれの個性を感じることができました。

ブリーズオンラインショップでは、楽天・Amazonともにフェルトン・ロード ピノ・ノワール バノック・バーン 各ヴィンテージを数量限定で販売いたします。

ご興味のある方は、こちらをご覧くださいませ。
楽天

Amazon

それでは。

タグ : , ,

投稿日 : 2019.7.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

トップリーグカップ2019 プール戦 第3節 リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ レポート

トップリーグカップ2019 プール戦  第3節  リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズ レポート

2019年7月5日(金)に秩父宮ラグビー場にて行われた、リコーブラックラムズ vs 神戸製鋼コベルコスティーラーズの試合を取材してきました。

この試合で注目すべき点は、サンウルブズでも大活躍したヘイデン・パーカーのトップリーグ今期初戦ということと、東京で開催される唯一の試合ということもあり、コンディションや連携などを中心に見ていました。

3R1A2665

両チームともまだ3戦目ということもあり、連携面では物足りなさを感じましたが、気持ちの入ったプレーで会場を盛り上げていました。

ヘイデンも得意のキックで100%と素晴らしいスキルを見せていましたが、後半19分脳震盪の疑いでピッチを去り、試合終了まで戻ることはありませんでした。

3R1A2828

試合は、神戸製鋼が19-13で勝利しました。
これで神戸製鋼は3連勝となりました。

連携のところは、まだチームに合流したばかりということもあり、もう少しだと思いました。
しかしハーフバックのアンドリュー・エリスとの連携はそこそこ出来ていたと思います。

3R1A2879

また、ハーフバックのアンドリュー・エリスは最初にトップリーグに加入した際に、神戸へ取材をしたことがありますが、年々フィットしているように感じました。

3R1A2725

また、彼の特徴でもある明るい性格でチームを牽引していました。35歳とは思えない動きだったので、今シーズンも楽しみです。

試合後、ヘイデン・パーカーに取材を申し込みましたが、脳震盪の疑いがあるとのことでメディアには対応をしませんでしたが、バスに乗る前にキャッチをしました。

3R1A2930

状態はそこまで悪くないとのことでした。また、2週間ニュージーランドでゆっくり過ごし、リフレッシュできたとのことです。

また、彼女も神戸に来てくれるとのことで、公私ともに良い状態になると良いと思います。

試合後、多分一番人気でファンサービスをするヘイデン。

3R1A2926

また、神戸製鋼のダン・カーターは9月から10月位にラグビーW杯のイベントやPRのため、来日はしますが、チームには合流したいようで、大会終了後に合流する見込みとのことでした。

リコーでハイランダーズでも活躍したエリオット・ディクソンもマオリ・オールブラックスに選出されているため、正式には決まっていないとのことですが、10月くらいからチームに合流するようです。

今年のトップリーグにも多くの素晴らしい選手が世界からやって来る予定なので、今から楽しみです!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

4 / 267« TOP...3456...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information