ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.6.13 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランドより海の幸が届きました(グリーンマッスル)!

ニュージーランドより海の幸が届きました(グリーンマッスル)!

こんばんは。
今日は、ブリーズオンラインショップの新しい商品をご紹介させて頂きます。

ニュージーランドへ行かれた事のある方なら、レストラン等で一度は見たことがあるはず・・・・・
そう、グリーンマッスルです!!

IMG_0110

”マッスル”ってカタカナで書くと一瞬・・・筋肉(muscle)!?を浮かべてしまいますが、
ムキムキの方ではなくプリプリのムール貝(mussel)の事です。

ニュージーランド近海で取れるムール貝は殻が緑がかっている為、この様な名前で呼ばれていて
日本ではパーナ貝という名前で売られているのも見かけます。
片手にしっかり乗るほどの大きさで、殻だけでなく身もし っかり大きいので食べごたえがあります。

よく通販で見かけるグリーンマッスルは冷凍品ですが、これはチルド。
ニュージーランドでボイルされ真空パックで運ばれて来るので、パッケージを開けると磯の香り!
さっき茹でましたよ!といってもおかしくないほどのフレッシュさです。

IMG_0126

海の塩味がしっかりとついているので、手を加えずそのまま食べて頂きたいです。
冷たいままで、温めて、そこはお好みで。
口に放り込んでニュージーランド産のソーヴィニヨンブランを含んだら、最高にマッチしていました!

突然入荷がストップしたり、取り扱いがなくなる可能性もありますので・・・
ニュージーランドの味を体験 したい方はどうぞお早めに!

詳しくはこちら

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2017.6.12 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オークランドにある南半球で一番高い「スカイタワー」

オークランドにある南半球で一番高い「スカイタワー」

ニュージーランド最大都市オークランドにある、地上328mの「スカイタワー」
年間約80万人が訪れ、オークランドのシンボルにもなっています。

東京でいうところの、東京タワーみたいな存在です。って今はスカイツリー!?

エレベーターに登る前に、カンタベリーオブニュージーランドのアンザックデーTをチャリティーの為に購入してパチリ。

IMG_7991

高さ186mからの眺めです。

IMG_7973

レストランやカフェもあるので、ゆっくりすることも出来ます。
前回はランチタイムに行ったのですが、夜の方がオススメです。

オークランド市街を一望することが出来ます。

またガラス床の上に立つことも出来ます。
自分は足がすくんで出来ませんでしたが、勇気のある方は挑戦してみて下さい。

この日はアンザックデーを記念して、スカイタワーが赤色にライトアップされていました。

IMG_8012

オークランドに行った際には、一度は訪れてもらいたい場所です。

お世話になっていた、オークランド在住のユミコとアランとレオンと少し話しました。

IMG_8004

みんな元気そうで良かったです。

また「太った?」と言われたので、ダイエットをしなくては。。。

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2017.6.8 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

『The Family of Twelve(ファミリー・オブ・トゥエルヴ)』試飲会レポート

『The Family of Twelve(ファミリー・オブ・トゥエルヴ)』試飲会レポート

こんにちは、我妻です。

昨日はニュージーランドの家族経営のワイナリー12生産者のみで構成される『ファミリー・オブ・トゥエルヴ』グループのワイン試飲会に参加してきました。

12生産者それぞれに大変すばらしく、個性豊かなワインが出展されていました。
今回はまだ日本未入荷の参考出展のワインも多く、大変勉強になりました。

12生産者すべてを紹介したいところですが、今回は私が特にすばらしいなと感じたワインをいくつかご紹介させていただきます。

まずは「ノーティラス・エステート」というワイナリーです。

ノーティラス・エステートはマールボロ地区にある、30年以上の歴史を誇るワイナリーです。
日本にはソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリ、ピノ・ノワールの3種類しかインポートされていませんが、今回は参考出展ということで、スパークリングが試飲できました。

IMG_0099

非常に泡立ちが美しく、ピノとシャルドネ両方の香りと程よい熟成感を併せ持った、素晴らしいシャンパーニュ風のスパークリングでした。
実際、ニュージーランドでも人気を誇る一本だということでしたが、日本でも人気になりそうなポテンシャルの高さを感じました。

続いては「フェルトン・ロード」のピノ・ノワール、コーニッシュポイント2015と、カルヴァート2015の2本です。

IMG_0011

これらはヴィンテージも同じ2015、地域も同じセントラル・オタゴですが、土壌の違う畑で栽培されたぶどうを使ったワインです。

コーニッシュの方が川沿いにある畑でより温暖な気候、カルヴァートの方が深さ2mまであるシルト土壌で栽培されているそうです。そのため、カルヴァートのほうがより土の香りがベースにあり、そこからふわっと香るブラックベリー、長く続く強いタンニンを感じられます。対してコーニッシュの方が土の香りはまろやかで、口に入れた瞬間にフローラルのアロマが広がり、続いてまろやかなベリー系の味わいが広がっていきます。

個人的にはカルヴァートの方がセントラル・オタゴのテロワールをしっかり味わえるので好みですが、マリアージュさせる料理によって、それぞれさらにポテンシャルを引き立てることができそうです。

この2本は是非ゆっくり、ピノグラスで飲んでみたいものです。

ちなみにこのフェルトンロードの栽培する畑の面積はわずか14haと小さなワイナリーですが、世界での評価は非常に高く、入手困難なことから「一度は飲んでみたいワイン」の一つに挙げられる、高級ワイナリーです。

有名なワイン評論家、パーカー氏の監修する「パーカーズ・ワイン・バイヤーズ・ガイド」で最高評価の5ツ星を獲得しています。

なお今回はご紹介できませんが、ファミリー・オブ・トゥエルヴ・グループの中では、
アタ・ランギ

IMG_0020

と「ペガサス・ベイ

IMG_0015

も、パーカーズガイドで5ツ星を取っています。

12社すべてに素晴らしいポテンシャルのあるファミリー・オブ・トゥエルヴ。
また機会があれば、レポートさせていただきたいと思います。

<参考:12社リスト>
・クメウ・リヴァー(Kumeu River)
・ミルトン・ヴィンヤーズ(Millton Vineyards)
・クラギー・レンジ(Craggy Range)
・ヴィラ・マリア(Villa Maria)
・アタ・ランギ(Ata Rangi)
・パリサー・エステート(Palliser Estate)
・ノイドルフ(Neudorf)
・ローソンズ・ドライ・ヒルズ(Lawson’s Dry Hills)
・フロム(Fromm)
・ノーティラス・エステート(Nautilas Estate)
・ペガサス・ベイ(Pegasus Bay)
・フェルトン・ロード(Felton Road)

我妻

タグ : , , , , ,

投稿日 : 2017.6.7 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニュージーランド産りんご 入荷しました!

ニュージーランド産りんご 入荷しました!

おはようございます。
関東は、今日か明日にでも梅雨入りするそうですね。
気温の高い日も増え、夏が近づいて来ました。

季節が真逆のニュージーランドでは、そろそろ本格的な冬入り。
そして、りんごが旬を迎えています。

毎年この時期を楽しみにして下さっているお客様もいらっしゃるんですが…
今年もニュージーランド産りんごが入荷しました!

IMG_7488-640x426

品種はロイヤルガラ
片手に収まる可愛らしいりんごで、適度な酸味も感じられるりんごらしいりんごです。

compass1464876222

これからの季節、国産のりんごは貯蔵された物が並ぶため、やっぱりもぎたてのりんごと比べると…
ニュージーランド産のりんごはもぎたてを空輸しているので、フレッシュな美味しさを味わえます!

compass1464876076

季節品の為、突然入荷がストップしたり、別の品種に替わったりする事もありますので、お求めはお早めにお願いします。

詳しくはこちら

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2017.6.4 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オークランドからワイヘキ島まで気軽に行ける「Fullers Ferry(フラーズ フェリー)」

オークランドからワイヘキ島まで気軽に行ける「Fullers Ferry(フラーズ フェリー)」

こんにちは、我妻です。

オークランド北には、ニュージーランド最大手の船会社Fullersグループが運営・運航する、Fullers Ferry(フラーズ
フェリー)というフェリー乗り場があります。
フェリー乗り場近くにはたくさんの飲食店もあり、多くの人でフェリー乗り場はにぎわっています。

このフェリー乗り場からは、オークランド近くに存在するワイヘキ島、ランギトト島、ティリティリ・マタンギ島、コロマンデル島などの離島へ行くことができ、公共交通機関として多くの人が利用しています。

IMG_7825

特にワイヘキ島へは、この乗り場から40分ほどで行くことができますし、1日33便も出航しています(2017年6月時点、平日と休日で違いあり)。

私が先日ワイヘキ島のワイナリーに訪れた際も、こちらのFullersの運航するフェリーを利用しました。

フェリー自体は小型客船で、船室とデッキが1つずつあるだけのシンプルなつくりです。
船室にはテイクアウト用のドリンクや軽食を販売している小さなショップが1つあり、天気の良い日はそこでドリンクを買って、デッキで海風を感じながら40分の船旅を楽しむ人が多いようです。

ワイヘキ島はワイナリーが非常に有名ですが、オリーブの産地としても名高く、また景観や味の良いレストランも多数存在しています。そのため、都心部から1時間足らずで行くことのできるリゾート地として、観光客だけでなくオークランド在住の人たちにも、このフェリーを使ったショートトリップとして、ワイヘキ島は広く親しまれています。

IMG_7879

オークランドへ訪れた際は、是非このフェリーを使ってワイヘキ島へ訪れてみてくださいね。

IMG_7918

フェリーからの眺めです!

なお、ワイヘキ島の船着場から最も近いワイナリー&レストラン「ケーブルベイ」についても、過去の記事でレポートしていますので、そちらも合わせてお読みください。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.6.2 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ニージャンミスティック AWA 再会 in ウェリントン

ニージャンミスティック AWA 再会 in ウェリントン

4月のNZ滞在中にウェリントンにあるAWAの自宅へ行きました!

AWAはニュージーランドでは伝説となっているニージャンミスティックのメインボーカルで、日本でも多くのアーティストとコラボレーションをしています。

A Breezeでマネジメントを行っている、ニュージーランドのトップアーティストです。

家族も出迎えてくれ、短いながらもエキサイティングな時間を過ごすことが出来ました。庭でダーツもやりました。

お土産で彼がデザインしたTシャツとピーナッツバターを貰いました。

IMG_8301

日本のピーナッツバターと違って甘くないですが、体に良い感じがします。

また日本でライブやレコーディングを行う予定ですので、その際はキウイブリーズにてお知らせします!

ではでは

熊木

タグ : , , ,

4 / 222« TOP...3456...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

Twitter

NZ Information