ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.9.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ピノ・グリの会~ニュージーランドワイン会 開催報告

ピノ・グリの会~ニュージーランドワイン会 開催報告

こんにちは。
昨日は私主催のニュージーランドワイン会を開催させていただきました。

今回のテーマはピノ・グリ。ニュージーランド産のピノ・グリのワインを6本厳選し、お料理とともにご提供させていただきました。

ピノ・グリは、白ぶどうの中では特に豊かなボディと果実味を持つぶどうです。フルーティーな香りと程よい酸味、まろやかでコクを感じさせる味わいが特徴です。
イタリアではピノ・グリージョと呼ばれており、フードに合わせやすいのも特徴です。

元々ピノ・グリは、赤ワインの品種であるピノ・ノワールの突然変異でできたブドウです。
そのため、ピノ・ノワールの栽培に非常に適した、冷涼な気候を持つニュージーランドでは、たくさんの良質なピノ・グリのワインが生産されています。

さて、最初にご提供したのは、シャーウッド・エステート ストラタムピノ・グリ2016です。

シャーウッド・エステートはマールボロ地域の中で特にワイン生産に適しているとされる、「ワイパラ・ヴァレー」に位置するサステイナブルプログラムおよび有機栽培に取り組んでいるワイナリーです。

今回お出しした中では最も色が濃く、しばらくその香りだけでも十分に満足できる、梨やお花のようなフレーバーが楽しませてくれます。口に含むと豊かなボディーと厚みのある口当たりで、酸味がありながらも、洋ナシやハチミツのようなテイストを感じることができます。

続いて今回は飲み比べとして、インヴィーヴォ ピノ・グリ2016をすぐにサーブさせていただきました。2本ともにマールボロ地域のピノ・グリということで、同じ産地、違う生産者での飲み比べを意図しました。

インヴィーヴォは、今回お出しした中では最も透明に近い色合いで、飲み口は非常に爽やか。とても飲みやすいのが特徴ですが、それでもしっかりとピノ・グリのフルーティーな果実味を感じることができました。

しっかりとしていて、アルコール度数もやや高めのシャーウッドと、さらっとした中にもフルーティーさの残るインヴィーヴォ。いい対比ができたのではないかと思います。

これら2本のワインには「完熟トマトのカプレーゼ」

IMG_3331

と、「鳥ハム」

IMG_3333

をお出ししました。

鳥ハムはシャーウッドに、カプレーゼはインヴィーヴォにという意図でお出ししましたが、皆さんそれぞれに、飲み比べ、食べ比べをしてくださったので、フードとワインのマッチングということについても、感じていただけたようです。

3本目はクーパーズ・クリーク ポッシュ・プッス ピノ・グリジョ 2014をご提供しました。
1980年に設立されたワイナリーで、現在、彼らのワインは世界のおよそ20ヶ国以上に輸出されています。

かわいい猫のラベルが特徴のこちらのワインは、非常にリーズナブルながらも、高いポテンシャルを持った一本です。

お花の美しい香り、梨のようなフルーティーな甘みと、絶妙な酸味、そしてうっすらと感じるスパイス感がよくバランスが取れていて、口当たりもまろやか。とても飲みやすいので、来ていただいたお客様の中で、特に女性に人気がありました。

こちらには「砂肝とズッキーニのガーリックソテー」を合わせて頂きました。

IMG_3334

イタリアでも親しまれているピノ・グリ(イタリアではピノ・グリージョ)は、こういったイタリアン風の味付けの料理もとてもよく合います。

気取らず日常の家庭料理に、パッとお出しできるのが、このポッシュ・プッスかなと思います。

4本目は、ブラッケンブルック ネルソン ピノ・グリ 2015です。

ネルソンはニュージーランドの中で最も日照時間が長く、サニー・ネルソンと呼ばれるほどです。

ブラッケンブルックでは、まさにその太陽の恵みで作られたブドウを、サスティナブル(持続可能)な形で手作業のワイン造りを行っています。アロマティックなワイン作りに非常にこだわっているワイナリーです。

こちらもフルーツの芳醇な香りと、程よい酸味が絶妙の香り高いワインです。

こちらにあわせたのは、「えだまめペペロンチーノ」。

IMG_3332

塩茹した枝豆を、オリーブオイルとガーリックでしっかり炒めた後、特性のスパイスで辛味をつけた一品です。

ピノ・グリはこういったスパイシーな料理にも良く合います。
また、おつまみとして、チェダーチーズとカシューナッツもお出ししました。

IMG_3335

続いて5本目はプロフェッツ・ロック ピノ・グリ2016です。

ミシュランガイド全世界版のトップ50のレストラン中、15以上のレストランが採用しているこのワイナリーは、いずれ世界のワイン界をリードするだろうと言われています。

多彩な花の香り、洋ナシなどの芳醇な香りだけでも幸せな気分にさせてくれます。口に含むと、フレッシュでありながら凝縮した果実味としっかりとした酸を感じます。口の中で何度も味わいが変化していくのが、プロフェッツ・ロックならではで、さすがプレミアムワインです。

皆さん、一流レストランの採用するワインはこういうものなのかと、うなっていらっしゃいました。

こちらのワインに合わせたのは、「ラザニア」です。

IMG_3336

詳しい方は、え??って思われるかもしれません。なぜなら、ラザニアは赤ワインにあわせるのが通常だからです。

しかし、さっぱりとしたミートソースに、クリーム感を重視して作らせていただいた今回のラザニアには、フルーティーなだけでなく、スパイスのテイストも含んだプロフェッツ・ロックのピノ・グリにも良く合うんです。

これにはびっくりされている方もたくさんいらっしゃいました。

最後にお出ししたのは、来月来日して、渋谷道玄坂のレストランEbizoにてワインメーカーズディナーを開催させていただく、ミーシャズ・ヴィンヤード ピノ・グリ2015をお出ししました。

実は今回のワイン会に合わせて、ミーシャさんから特別にビデオメッセージも頂いておりまして、その映像もご披露させていただきました。

オーナーの雰囲気や語り口を見ていただいてから、実際にワインを飲んでいただいたこともあり、生産者の思いを感じていただけたのではないでしょうか。

ミーシャズ・ヴィンヤードのピノ・グリは、フルーティーなアロマの中に、リンゴのようなテクスチャーも含まれていました。ややスパイシーながらも、程よい甘さと酸味が絶妙の一本で、プロフェッツ・ロックとの飲み比べでも遜色のない、非常に高いポテンシャルのワインだと改めて感じました。

最後のフードは、「きのことベーコンのクリームパスタ」。

IMG_3337

クリーム系のフードは、ピノ・グリ全般に良く合います。

会の締めとしても、パスタを召し上がっていただきました。

4回目となる今回のNZワイン会。

早速感想もたくさん頂いています。

「ワインとのマリアージュが最高でした」

「こんなにワインを飲んだのも飲み比べたのも初めてでした。これを機にもっと色んな種類のワインを飲んでみようと思います!」

IMG_3342

今回はそれぞれのテーブルで、じっくりと、色んなことについて語り合っていた参加者の皆さんが印象的でした。

ご来場くださった方、また素敵な会場をお借りしました会場関係者に、改めて御礼申し上げます。

我妻

タグ : ,

投稿日 : 2017.9.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

「ミーシャズ・ヴィンヤード」ワインメーカーズディナー開催決定!

「ミーシャズ・ヴィンヤード」ワインメーカーズディナー開催決定!

こんにちは。

ちょうど1ヵ月後の10月25日(水)19時より、渋谷道玄坂にあるレストランEbizoを貸しきって、ワインメーカーズディナーを開催することになりました。

今回のメーカーズディナーでは、私が中心となりワインとフードとのマリアージュなど、コーディネートをさせていただきます。

ゲストとしてお迎えするワイナリーは、セントラル・オタゴにある「ミーシャズ・ヴィンヤード」です。

compass14377396254

ご夫婦で経営されているワイナリーなのですが、10月にミーシャ・ウィルキンソンさんが来日されるのにあたり、今回のメーカーズディナー開催の運びとなりました。

かつてはシンガポールで世界的なIT企業の第一線で活躍していたウィルキンソン夫妻には、長年の夢がありました。

いつか自分たちでワインを造りたい。

彼らは休暇のたびに世界中のワイン産地を訪ね、ぶどう栽培やワイン醸造について多くの事を学び、そして2001年、彼らはついにワイン造りに取り組む決意をしました。

エレガントなピノ・ノワールを造りたいと考えていた彼らには、ニュージーランドのセントラル・オタゴを産地にすること以外に思い浮かばなかったそうです。

compass14377396252

紆余曲折を経て2008年に初リリースとなった彼らのワインは、多くのワインジャーナリスト達などから注目を集め、早くも高評価、高ポイントを獲得し、エアー・ニュージーランド・アワードではゴールドメダルを過去受賞するに至っています。

彼らの生産する6本のワインと、Ebizoのフードのコラボレーション。
詳細は随時このブログにてアップしていきますので、是非お楽しみに!

会費は10,800円(税込み)、事前予約&事前お振込制です。
詳細はこの記事の最後をご覧くださいね。

また、Ebizoでは10月よりミーシャズ・ヴィンヤードのワインをバイ・ザ・グラスで販売します。
6本のうちのどのワインがお店に並ぶかは、今後のお楽しみです。

是非お店にも遊びに行ってみてくださいね。

我妻

=================================

「ミーシャズ・ヴィンヤード」ワインメーカーズディナー詳細
■日時:
 2017年10月25日(水)19:00~

■会費:
 10,800円
 ※ 事前予約&事前お振込み制
 ※ ただし、当日お席がある場合のみ、当日参加も可能

■定員:
 12名

■内容
 6本のワインと、それぞれに合わせたフードをご提供

■お振込先:
 ジャパンネット銀行
 ビジネス営業部
 口座番号)1576386
 カ)エーブリーズコンサルティング

■キャンセルポリシー
 開催3日前までは全額返金(振込手数料差引額)
 それ以降のキャンセルは50%
 当日キャンセルは100%をそれぞれキャンセル料とさせて頂きます。

■お問い合わせ:
ロブスター&シャンパンEbizo
03-6416-3105

タグ : , ,

投稿日 : 2017.9.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイ テワヒ × ヒルトン東京お台場 唐宮

クラウディーベイ テワヒ × ヒルトン東京お台場 唐宮

昨日22日にヒルトン東京お台場の中国料理 唐宮でクラウディーベイのディナーが行われました。

IMG_8678

今回もまた日程の関係で参加することが出来なかったので、ランチタイムにお邪魔してクラウディーベイディナーで出されたメニューを作っていただきました。

最近マイブームである中華とワインとのマリアージュ。

テワヒ2014にマリアージュした「牛ヒレのXOジャン炒め 青山椒のソース

IMG_8692

テワヒのベリーとスパイシーなアロマが、青山椒のソースと絶妙にマッチしていました。また、XOジャン炒めということもあり、うまみ成分が詰まっていました。

クラウディーベイはマールボロのピノノワール2014も作っていますが、こちらですとワインがXOジャン炒めに勝てないと思ったので、重厚な味わいを楽しめるテワヒとのマリアージュが正解だと思います!

最後に副料理長の東郷さんとテワヒで1枚。

IMG_8737

特別にご対応いただき、ありがとうございました。

ではでは

熊木

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.9.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ハイアットリージェンシー東京 omborato ニュージーランドワインフェア

ハイアットリージェンシー東京 omborato ニュージーランドワインフェア

こんばんは。

先日、新宿にあるハイアットリージェンシー東京のレストラン「omborato」で行われているニュージーランドワインフェアに、熊木と打ち合わせがてら行ってきました。

こちらのワインフェアでは、クラウディーベイ、ウィザーヒルズ、クラギーレンジのワインを取り揃え、それぞれをグラス/ボトルで楽しむことができます。

熊木はクラウディーベイのペロリュスを、私はクラギーレンジのテ・カフ・ギムブレット・グレーヴェルズ・ヴィンヤードを注文しました。

ペロリュスはご存知の通り、伝統的なシャンパーニュ地方の作り方を踏襲する、ニュージーランドを代表するスパークリングで、シャルドネとピノ・ノワールの絶妙なバランスと、決め細やかな発砲が特徴のワインです。

IMG_8637

また、テ・カフ・ギムブレット・グレーヴェルズ・ヴィンヤードは、NZワインとしては珍しく、メルロー、マルベック、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランといった複数種のブドウのブレンドで作られた赤ワインです。

IMG_8640

濃い色調が特徴で、ブラックベリーやプラムのようなアロマに、シナモン、黒胡椒のようなスパイスと、フレッシュな酸、そして口の中に長く残るタンニンが印象的なワインです。
まろやかな飲み口ながらも、複雑なバランス感は、単体のワインとしても十分に楽しめますし、スパイス感が強いので、もちろんお肉料理にもとてもよく合うでしょう。

ハイアットリージェンシーでのこちらのワインフェアは今月30日まで開催予定とのことです。

IMG_8629

なお、ワインフェアで取り扱っているクラウディーベイ、ウィザーヒルズ、クラギーレンジのワインは、すべて弊社楽天サイト、アマゾン、自社サイトにて販売中です。

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2017.9.18 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

渋谷祭 2017 Ebizo×クラウディーベイ ペロリュス

渋谷祭 2017 Ebizo×クラウディーベイ ペロリュス

こんにちは。

昨日、おとといと2日間にわたって行われた渋谷祭に、ワインを卸している渋谷のレストランEbizoが出店していました。

昨日はあいにくの冷たい雨の日でしたが、Ebizoのブースに行ってきました。

IMG_8649

そこではクラウディーベイのペロリュスがグラス/ボトルで提供されており、またそれに合わせたフードとしてガーリックシュリンプも販売していました。

IMG_8648

にんにくの効いたシュリンプは、ペロリュスとのマリアージュがばっちりです。

渋谷祭は終わってしまいましたが、このあとEbizoでは引き続き、ペロリュスのボトルと、ガーリックシュリンプを提供する予定です。

シュリンプには数に限りがありますので、もし売り切れになってしまったらごめんなさい。

IMG_8661

是非、ペロリュスとシュリンプのマリアージュを味わいに、Ebizoに行ってみてくださいね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2017.9.17 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

ハッピーバースデー 舞行龍ジェームズ!!!

ハッピーバースデー 舞行龍ジェームズ!!!

こんばんは

本日9月17日は、川崎フロンターレ所属「舞行龍ジェームズ」の29歳のバースデー!!
写真をリクエストして送ってもらいました!

Photo : 舞行龍ジェームズ

全体練習にも参加との事なので一ヶ月以内にはメンバー入りするのでは!?

彼自身とても真面目で責任感が強いので、焦らずしっかり調整して復帰してもらいたいです。

Happy Birthday Michael!

オフになったら一緒にニュージーランドワインでも飲みたいですね!

ではでは

熊木

タグ : ,

4 / 230« TOP...3456...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information