ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.5.28 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

マウント・ディフィカルティー テイスティングセミナーに参加してきました!

マウント・ディフィカルティー テイスティングセミナーに参加してきました!

こんにちは

先日、マウント・ディフィカルティーの生産者であるフレイザー・マッケンジー氏が来日し、テイスティングセミナーが開催されたので行ってきました。
輸入元であるジェローボームの本社で行われた本セミナー。

マウント・ディフィカルティーの歴史や畑の特徴などを聞き、非常に勉強になりました。

FullSizeR

1998年に作られ、20年目になるワイナリーです。

セントラルオタゴにおいてはフェルトンロードと同じくらい有名な生産者で、ニュージーランドのオリンピック代表のスポンサーをやっています。

compass1485170848

特徴は多種多様なピノノワールです。

セミナーでは下記5種類のワインをテイスティングしたので、それぞれコメントを書きたいと思います。

IMG_4757

Growers Series Lowburn Chardonnay 2016

特徴は、酸がしっかりある中に樽で発酵したクリーミーさやバターみたいなフレーバーがあり、シャルドネの中で酸がしっかりあるのが特徴に感じました。

Pinot Gris 2016

ニュージーランドでもトレンディーな「ピノグリ」。
レストランでもフードに合わせやすいという観点から、採用が多くなっています。
ピーチのアロマから始まり、ふくよかで滑らかな口辺りが特徴でした。
バランスが良いピノグリだと感じます!

Roaring Meg Pinot Noir 2015

15年前より栽培しているローリングメグピノノワール。
オーストラリアで一番売れているニュージーランド ピノノワールであり、このワインをニュージーランドのセントラルオタゴのピノノワールとして初めて飲む方が多いと言われている。
クロムウェルの畑のブドウを使用し、10か月樽で熟成しているのでバランスが良いピノノワールに仕上がっています。
ベリー感が強く感じられ、軽やかでぐびぐび飲めてしまいそうなワインです。

Pinot Noir 2014

これぞセントラルオタゴワインという感じのワイン。とても力強くエレガントなタンニンを含んでいて、コーヒーやチョコレートのニュアンスも感じられました。
熟成したらどう変貌するかみてみたいワインでした。

Long Gully Pinot Noir 2013

1991年よりスタートした、ロングガリーのシングルヴィンヤード。こだわりを感じるワインでした。セントラルオタゴの中で1番古い畑から作られるワインで、毎年作っているわけではなく、良い年だけ生産しているワイン。赤いベリーやレッドフルーツのキャラクターがしっかり表れ、力強い果実味やリッチな味わいが感じられる。素晴らしく滑らかなタンニンの余韻を持っているワインです。

現在楽天ブリーズオンラインショップで取り扱っていますので、是非ご覧ください。

個人的に一番のオススメはピノノワール2014でした!

compass1485172405

是非、セントラルオタゴのピノノワールをはじめて飲む方にお勧めしたい1本でした!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.5.26 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

「マウント・ディフィカルティ」ワインメーカーズディナーに参加してきました

「マウント・ディフィカルティ」ワインメーカーズディナーに参加してきました

こんにちは。

先日、六本木一丁目にあるレストラン「Ruby Juck’s」にて開催された、マウント・ディフィカルティのメーカーズディナーに参加してきました。

マウント・ディフィカルティは、ニュージーランドのセントラル・オタゴにあるワイナリーで、1998年に設立されました。

イギリスのデカンタ―誌では、アタランギ、フェルトンロード、そしてマウント・ディフィカルティがニュージーランドの3大ピノ・ノワールのメーカーと評される、NZの代表的ピノ・ノワール生産者でもあります。

一般参加者、インポーターの社長、そしてマウント・ディフィカルティのセールス&マーケティングマネジャーのフレーザーさんの合計20名で行われたメーカーズディナーは、静かな雰囲気の中、ゆったりとスタートしました。

乾杯として出されたのは、ポロ・ロジェのリザーブ・ブリュット[NV]。

こちらはマウント・ディフィカルティのワインではありませんが、同じインポーターさんが取り扱っているシャンパンです。

お料理として出されたのは「バニラで香りづけした豆腐エスプーマ」

IMG_4661

ふわふわの食感と、雲丹とコンソメの香りが、ポロ・ロジェにとてもマッチしていました。

この後から、いよいよマウント・ディフィカルティのワインが登場です。ラインアップとしては、

・シャルドネ2015
・ピノグリ2016
・ローリング ピノ・ノワール2015
・ターゲット・ガリー ピノ・ノワール2013
・ロング・ガリー ピノ・ノワール2013
・パイプレイ・テラス ピノ・ノワール2013

の6本が出されました。

シャルドネ2015とピノグリ2016は両方とも非常にアロマティックなワインで、フルーティーな香りと、口の中に入れた瞬間に何層にも果物のフレーバーが広がるのが印象的な、美しいワインでした。

サーブされた際は少し温度が低く、冷たかったのですが、徐々に温度が上がってくる度に、刻々とワインの表情が変わっていきました。

また、両方ともお料理の中にはフルーツが使われており、シャルドネにはグレープフルーツ、ピノグリには枇杷(びわ)という少し異色の組み合わせだったのですが、これがまたワインと良く合う素晴らしいマリアージュになっており、大変勉強になりました。

シャルドネ2015に合わされた「富士山産トラウトのコンフィ

IMG_4674

ピノグリ2016に合わされた「青森産平目のタルタル

IMG_4678

そしてなんと言ってもマウント・ディフィカルティの目玉はピノ・ノワール。今回は特に2013年というヴィンテージの異なる3種類のシングル・ヴィンヤードのワインの飲み比べを楽しみにしていました。

ローリング ピノ・ノワール2015とお料理については長くなるので割愛しますが、「長野産ズッキーニのグリル」というお野菜とピノ・ノワールのマリアージュにとてもビックリしました。

IMG_4690

さて、マウント・ディフィカルティではシングル・ヴィンヤードでの生産にとてもこだわっており、ターゲット・ガリー、ロング・ガリー、そしてパイプレイ・テラス、これらは生産量が限られており、良いヴィンテージにのみ生産されるそうです。

畑の位置も全て近いところにあるらしいのですが、どれも異なる味わいで、こうやって飲み比べるのがとても勉強になりました。

ワインには正解がなく、それぞれにこのワインが好きだ、こっちのワインの方が深みがある、そんなディスカッションを参加者同士で楽しめるのがとても面白く、みんなで盛り上がりました。

個人的には、ロング・ガリーが今一番の飲み頃で、セントラル・オタゴのパワフルで骨格がしっかりしている特徴がありながらも、シルクのような口当たりと、熟したプラム、チェリーのような果実味とほんのりとした甘さ、そして全体を包み込むやわらかいスパイス感とタンニンが、とてもバランスよく美しく仕上がっているように感じました。

マリアージュされたアメリカ産プライムサーロインのチャーグリルにも、その果実味のバランス感とスパイス、タンニンがとてもよく合っていたように思います。

IMG_4692

最後はお口直し、デザートとして、「ブリー&ゴルゴンゾーラ ドルチェ」が出されました。

IMG_4714

それぞれのチーズの美味しさと、ドルチェとしてはベリーソースのジャムだったのですが、それがまたピノ・ノワールともよくマッチしていました。

本当に楽しい時間を過ごさせていただきましたが、フレーザーさんは反対側のテーブルにほとんど座ったままで、それぞれのワインについての説明がなく、あまりお話できなかったことだけが残念でした。

(途中で一度だけ席に来てくださり、少しだけお話できましたが・・)

Fraser-Mackenzie

ともあれ、マウント・ディフィカルティのワインを堪能させていただき、大満足の本当に素晴らしい会でした。

マウント・ディフィカルティにはレストランも併設しているそうで、いつかは訪れたいと思いました。

Ruby Juck’sの皆様も、素敵なサービスをありがとうございました。

IMG_9310

最後に楽天ブリーズオンラインショップではマウント・ディフィカルティを各種取り扱っております。

詳しくは、こちらを参照下さい。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.5.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

NZワイン会「クラウディーベイ」の会

NZワイン会「クラウディーベイ」の会

こんにちは。

18日に毎月恒例、ニュージーランドワイン会を開催しました。

今回のテーマは「クラウディーベイ」。

“]NZスポット
このブログをお読みの方は既にご存知かと思いますが、ニュージーランドでもっとも有名かつ、世界にニュージーランドワインのすばらしさを広める立役者となったワイナリーのひとつです。

ある著名なワイン評論家が、クラウディーベイのソーヴィニヨン・ブランを絶賛し、「世界が白に目覚めた」と表現したことは有名な話です。

さて、今回のワイン会では、日本で発売されているクラウディーベイのワイン6本と、ピノ・ノワールのオールドヴィンテージ2本、合計8本をご提供させていただきました。

まず乾杯の1本目は、伝統的なシャンパーニュ製法で作られたスパークリングワイン ペロリュス[NV]です。

IMG_4280

最低2年間の瓶内二次発酵を経てリリースされるこちらのスパークリングは、ライムやレモン、グレープフルーツのニュアンスと、複雑なナッツや、イースト香の特徴が複雑に絡み合い、口の中にたくさんの香りが開く、完成度の高いスパークリングです。

IMG_4225

お食事は前菜として、スパイスを効かせたブラックオリーブとグリーンオリーブのカナッペと、レモンオリーブとミニトマトのピンチョスでお楽しみいただきました。

IMG_4224

2杯目は、クラウディーベイを世界的ワイナリーにさせた、ソーヴィニヨン・ブラン2017です。

IMG_4281

フレッシュなライム、レモン、グレープフルーツのようなニュアンスに、みずみずしい酸とミネラルがさわやかさを演出する、こちらのワイン。

皆さんから美味しいという声がもれ聞こえます。

お食事は、NZ産グリーンマッスルを使った魚介のセビーチェ。

IMG_4230

たっぷりとライムを搾り、白ワインビネガーで酸味を効かせたこちらのセビーチェと、ソーヴィニヨン・ブランがとてもマッチしていたと思います。

続けて3杯目はテ・ココ2014です。

IMG_4282

テ・ココとは、ニュージーランドの先住民であるマオリ族の言葉で「クラウディーベイ」を意味します。

こちらのワインは異なるスタイルで作られたソーヴィニヨン・ブランで、樽熟成から来る深い味わいと、何層にも重なり合うテクスチャーが特徴のプレミアムワインです。

お食事としてあわせていただいたのは、鱈の素揚げ~タルタルソース添え です。

IMG_4233

テ・ココにはてんぷらなどがとてもよく合うんです。

4杯目はシャルドネ2016です。

IMG_4283

2016ヴィンテージはちょうどこの2~3週間に日本に入ってきてリリースされたばかりで、今までのヴィンテージからマイナーチェンジがされました。

レモンのようなさわやかな香りがやってきて、クリーミーな口当たりの中に、わずかなミネラル感とローストしたナッツのような特徴が混ざります。繊細でやわらかくまろやか。美しい白ワインだと感じさせる完成度がありました。

お食事としては、クラムチャウダーをご用意させていただきました。

IMG_4239

こちらのシャルドネには、こういったクリームを使ったお料理、サーモンなどにもとてもよく合います。

5~7杯目はピノ・ノワールの飲み比べとして、2010、2014、2015の3つのヴィンテージをご用意しました。

IMG_4242

2010年ヴィンテージは、先日クラウディーベイのセラードアで購入してきたものです。

恐らくこうやってクラウディーベイのピノ・ノワールのヴィンテージ違いを飲み比べることは、ほぼできないのではないでしょうか。

2010年は僕自身もとても楽しみにしていたのですが、まさに飲み頃で、美しいブラックチェリーやプラムのような香りが際立ち、円熟された甘みと滑らかな舌触り、豊かな味わいが最高に美味しかったです。

2015年は非常にいい年だったということもあり、個人的には2014年よりも美味しく感じましたし、このように8年近い熟成も望めると思いました。

なお、お食事はトマトチーズリゾットをお出ししました。

IMG_4257

最後の8杯目は、テ・ワヒ2015です。

こちらを、リーデルのセントラルオタゴ・ピノ・ノワールグラスにサーブさせていただきました。

一般的に、セントラル・オタゴのワインは、より黒く、豊かな色合いを持っており、同じようにセントラル・オタゴ産のテ・ワヒはその性質を強く持っています。

ピノ・ノワール2015よりも骨格が強く、パワフルで、タンニンが非常にしっかりとしています。

こちらには王道の合わせ方、ラムステーキをお出しさせていただきましたが、やはりテ・ワヒとの相性はバッチリでした。

IMG_4260

お食事後、皆様で記念撮影。

IMG_4264

今回も来てくれた人の笑顔あふれる、大満足の会になりました。

来月はニュージーランド滞在時にも訪問した「アストロラーベ」のワイン会を行う予定です。

なお、先日私がニュージーランドに訪問した際に、こちらのクラウディーベイに宿泊させていただき、ドキュメンタリービデオも製作させていただきました。

良かったらこちらのビデオ、是非ご覧くださいね。

詳しくはこちら

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2018.5.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

2018年 J2リーグ大宮アルディージャvs FC岐阜 ライアン デ フリース Jリーグ初フル出場

2018年 J2リーグ大宮アルディージャvs FC岐阜 ライアン デ フリース  Jリーグ初フル出場

5月19日NACK5スタジアム大宮で行われた、大宮アルディージャvs FC岐阜を取材してきました。

今年に入ってFC岐阜の取材は、今回が2試合目でした。
試合は2対0でFC岐阜が勝利しました。

自分が行った2戦とも勝利です!

IMG_4615

前節は首位の大分に2対1で敗戦して、今節はアウェーで大宮との一戦。
この試合も見た感じはプレッシャーも激しくて攻守の切り替えが千葉戦以上に早く、チームとしてやろうとしていることがよくわかった試合でした。どの選手もハードワークで、セカンドを取って行く姿は見ていて気持ち良かったです。

IMG_4453

ボール支配率も55%で大宮を超えていました。実際に見ていたほうがもっとボールを支配しているように思えました。

後半最後の大宮の攻撃を0点で抑えたことは、今後チームとして自信に繋がることでしょう。

この試合で注目していたのは元ニュージーランド代表のライアン・デ・フリース

IMG_4442

前回取材に行った千葉戦では初のメンバー入りで後半からプレーしましたが、この試合はスタメン!

しかも前半24分には古橋の得点のアシストをしました。

IMG_4407

きれいなヒールパスで大宮ディフェンスも見入ってしまいました。

彼は球捌きがうまく、トリッキーな動きが特徴です。

IMG_4401

最近の試合ではは後半交代をしていましたが、この試合はJリーグで初めての90分フル出場でした。

チームにもとけ込んでいたようで、彼自身のコンディションも悪くないように見えました。

試合後、ミックスゾーンにてライアンに独占インタビューを行いました。

今日の試合の感想は

とても良い試合でした。選手みんな勝利したいと思う気持ちが、この勝利に繋がったと思います。

この試合でアシストを記録しましたが、2回目でしょうか。

はい。その通りです。栃木との試合でアシストを記録しています。

日本語はどうでしょうか。

フィールドでは問題ないと思いますが。。。(日本語で)「こんにちは」

家族はいつ日本に来日されますか。また、休みにニュージーランドにも帰りますか。

来月の初旬に日本にやってきます。エキサイティングです!シーズンが終わるまで、ニュージーランドには帰りません。

ファンの方も期待しているであろうライアンのゴールですが、着実に近づいているとのことなので、もう少し待ってあげてくださいね!

IMG_4460

話は変わりますが、試合前にFC岐阜のスタッフの方からライアングッズをいただきました。

彼の元所属チームのオークランドシティFCから、ライアングッズに関して問い合わせがありました。
そこでFC岐阜に彼のグッズ(のど飴と顔写真入り色紙)を岐阜から持ってきてもらいました!

試合後にライアンとも話しましたが、ニュージーランドにはこのようなグッズがないので写真を送ったら驚くと思います!食べてはいないみたいですが、彼の家にものど飴があるそうです。

そして試合後そのグッズを持ってもらい、一枚。

IMG_4625

今シーズン中に必ず岐阜へ行き、ホームの試合を取材したいと思っています!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.5.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

サンウルブズ試合後のヘイデン・パーカー&クレイグ・ミラー単独取材

サンウルブズ試合後のヘイデン・パーカー&クレイグ・ミラー単独取材

試合後多くのファンに感謝の気持ちでサインや写真対応をしていた2人に、ミックスゾーンで単独取材を行いました!

クレイグ・ミラー

IMG_4125

本日の試合の感想は

サンウルブズにとって素晴らしい日を東京で迎えることができました!
ファンの方には毎試合スタジアムに来ていただいたのに、なかなか勝利できなかったので、今日は勝てて嬉しい。数か月前にチームとして始動して非常に大変な練習をこなしてきたので、この結果が出て嬉しい。

日本のファンの感想

日本のファンの方は世界一だと思う。サンウルブズのチームメイトもそう言っている。サンウルブズは色々な国でプレーをしてきたが、この秩父宮のファンは素晴らしいサポーターたちだと思っている。

ヘイデン・パーカー

IMG_4142

試合の感想

とても楽しむことができた。素晴らしい天気で、まさにラグビー日和だった。今日の試合の結果はとても嬉しかった。

サンウルブズでファーストトライを決め、100%のキック成功率について

サンウルブズのチームでトライを決めて嬉しかった。
キックに関しては本当に良くできた。天気とグラウンドの状態が良かったのも助けになった。また、チームとして私の仕事を遂行できる環境だったことも良かった。

日本語について

日本語で下記内容を話しました。
「こんにちは
私はヘイデンパーカーです。
27です。
よろしくお願いします。」

日本のファンの感想

アンビリーバブルだと思う。私たちはまだ未勝利なのにも関わらず、スタジアムまで足を運んでくれた。ファンの人たちのために、私たちはきついトレーニングも頑張れるので、嬉しかった。

試合後、ロッカールームでビールを飲んだヘイデン。

IMG_4192

ほろ酔いの赤い顔でぱちり。

その後テレビの共同取材があったので、そちらも取材しました。

<ヘイデン・パーカー試合後インタビュー>

IMG_4195

■ 試合後談話

今日の素晴らしいパフォーマンスに誇りを持っている。ここまで長い道のりだった。今日は勝てて本当に良かった。勝因は2つあると思っている。1つはニュージーランド遠征で多くの経験を積めたこと。もう1つは、その遠征での高いモチベーションを今日まで続けられたこと。

■ キックを行う際に何かルーチンはあるか

いくつかメッセージを自分に込めている。まずはゆっくりとアプローチすること。そして、ボールを蹴りきること。一度キックをしたら、もうやることはない。だから、ボールがどこへ向かうかを心配することはしない。ただ蹴りきるだけだ。

■ 次の試合についての心がけは?

今日できたプレーを再現することだと思う。次の戦いは、もちろんレッズとは違うチームだが、今日のことをもう一度再現できたら勝てるはずだ。今日の自分のプレー、キックにとても満足している。また、チームに貢献できたことがとても嬉しい。

■ 普段の練習について

週2~3回は、キックの練習をしている。しかし、キックだけでなく、私にはいくつか改善する点があるので、他の点についてももちろん練習を行っている。

試合後涙するファンの姿を見て、自分ももらい泣きしそうになりました。
今まで見たサンウルブズの試合の中で1番の試合だったと思います!

日本での試合はありませんが、練習も取材しようと思っているので、質問を募集します!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.5.14 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー2018 サンウルブズvs レッズ レポート

スーパーラグビー2018 サンウルブズvs レッズ レポート

5月12日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー2018 サンウルブズ vs レッズの試合を取材してきました。

結果は63対28でサンウルブズが今季初勝利を挙げました!

この試合が国内最終戦のため、このような結果になったことが必ず来年へと繋がる勝利だと思います!

試合のレポートは後半で!!!

この試合で注目したのは、サンウルブズのヘイデン・パーカー

IMG_4191

クレイグ・ミラー

IMG_4187
そして開幕戦以来のメンバー入りとなったジェイソン・エメリー

IMG_4190

3選手です。

この3選手はいずれも昨シーズンまでトニー・ブラウン(現サンウルブズのアタッキングコーチ)がハイランダーズを率いていたときにプレーをしていました。

ヘイデン・パーカーとクレイグ・ミラーはオタゴボーイズハイスクール卒業で、自分が卒業したキングスハイスクールとはライバル高校なのです。

この試合でまず書くべきなのは、ヘイデン・パーカーのキックです。

IMG_4014

なんと100%の成功率を叩き出しました。

難しい位置からも確実にスコアを挙げていくことによって、相手にかなりのプレッシャーを与えたに違いありません。また、レッズは多くのペナルティーをサンウルブズに与えてしまい、そしてヘイデン・パーカーがキックを成功をさせる。その結果不用意にファールができなくなったため、レッズの選手たちのメンタルは、もしかしたら敗戦。。。という気持ちが芽生えていたかもしれません。

サンウルブズでの初トライも挙げたヘイデン・パーカー!

IMG_3914

ラグビーはメンタルが非常に重要なスポーツです。このような空気でサンウルブズの素晴らしいファンの声援が後押しした結果、この初勝利に繋がったんだと思います。

クレイグ・ミラーも後半交代するまで素晴らしいパフォーマンスを披露していました。

IMG_3950

未だ発表がないのでチーム名は書けませんが、トップリーグでもプレーする事が決まっているクレイグ・ミラー。ディフェンスラインや体を張ったプレーが、チームの意識向上になったと思います。

そして開幕で骨折をしてしまったジェイソン・エメリー。
この試合はリザーブからのスタートでした。
彼らしいステップと俊敏な動きで、レッズの選手をごぼう抜きしていました。

IMG_3956

そしてサンウルブズでの初トライ!

IMG_4024

これからもっとコンディションをあげて、チームの中心選手となるような気がします。

サンウルブズはやりたいことをフィールドでやっていた印象があり、特にブレイクダウンが今日はとても良かったと感じました。

それはここまで1勝もできていなかったことで、「ファンの為に」とチームが一つになっていたからでしょう。

また、ホセア・サウマキの3トライ!

IMG_4059

リズムに乗ったこの選手を止めることは誰もできないと思えたほど、素晴らしかったです。

試合後にヘイデン・パーカーとクレイグ・ミラーの2選手に単独取材を行ったので、その記事は明日書きます!

試合前後のトニー・ブラウン。

IMG_3802

IMG_4167

プライベートで会う時以外はいつもピリピリしている彼の笑顔。

IMG_4109

クールな感じですが、本当は人一倍責任感が強く、勝利を欲していたんだと思います。

スーパーラグビーはまだまだ続きます!これからもサンウルブズの動向に注目したいです。

ではでは

熊木

タグ : , ,

2 / 2431234...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information