ホーム > NZブログ

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.3.25 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー 2018 サンウルブズ vsチーフス レポート

スーパーラグビー 2018 サンウルブズ vsチーフス レポート

3月24日(土)に秩父宮ラグビー場にて行われたスーパーラグビー 2018 サンウルブズ vs チーフスの試合を取材してきました。

結果は61対10でチーフスがサンウルブズを下しました。

ゲーム開始早々、サンウルブズの早いスピードでのゲーム展開をさせまいとチーフスが非常に強いプレッシャーをかけていました。
さらに、開始早々一気にゲームを終わらせるかのような厚みのある攻撃を仕掛けていました。

前半4分、タイラー・アードロンがこの試合のファーストトライ。

IMG_0748

攻撃をしたら確実にトライをあげて自陣に戻るところは素晴らしかったですし、チームのムードも高まったと思います。

そしてキウイブリーズでも注目した、ダミアン・マッケンジー

IMG_0733

本当に素晴らしかったです。
彼の視野の広さとパスの選択・パスの速さ・周りの使い方は、生で見て本当に素晴らしい選手だと改めて感じました。

IMG_0824

これからオールブラックスをリードしていく選手だと確信しました。

この試合で2トライを挙げ、MOMがあるなら間違いなく彼が選出されると思いました。

またオールブラックスのブロディー・レタリックのパワーもずば抜けていました。

IMG_0864

自分が思っていたよりも足が速くパスが上手い選手で、なにより誰よりもハード-ワーカーでした。

昨年まで東芝でプレーしていたリアム・メッサムが急遽メンバー入り!
また秩父宮で見ることができました。
彼はMr.チーフスといっても過言ではないチーフス一筋の選手です。

IMG_0958

スーパーラグビー後はフランスでプレーするため、日本には戻ってきません。

試合前写真を撮影していたときに自分を見つけこの顔!

IMG_0707

チーフスはチームとしてもまとまりがあり、非常にハードワークをするチームでした。また、サンウルブズの少しのミス(判断の遅れ)から一気にトライまで持っていくことができるチームでした。
取材でしたが見ていて今年NO.1のゲームだったように思いました。

一方、今シーズンからサンウルブズに加入したリーチ・マイケル。

IMG_0817

昨年まで3季在籍していた古巣チーフスとの対戦。非常にハードワークにプレーをしていました。

最後まで手を出し相手を止めようとする姿。

IMG_0840

また前半36分のセミシ・マシレワのトライは、リーチのアシストからでした。ぎりぎりまでボールを持ってのパス。絶対に諦めないという気持ちを感じるプレーでした。

試合後、チーフスで最後までファンにサインや写真に応じたダミアン・マッケンジー。

IMG_1019

人としても素晴らしかったです。

多くの選手がロッカールームに引き上げるなか、嫌な顔をせず丁寧に対応していました。

IMG_1027

キウイブリーズ独占ダミアン・マッケンジーの写真です!

IMG_1026

ゲームが終わったときにこの笑顔をされたら、人気が出ないはずがないと思いませんか!?

そしてリアム・メッサム!

またいつか日本でプレーを見たい選手です。

IMG_1031

バスに乗るときには、多くのファンの方からの声援を受けてこの笑顔。
「ありがとう」と言っていました。

選手たちは昨晩中に飛行機で羽田空港を出国しました。
今の時間にはもうすでにハミルトンに戻っていると思います。

弾丸ジャパンツアーとなりましたが、少しでも満喫してもらえていたら嬉しいですね。

10月にはオールブラックスとして一部の選手が来日すると思うので、今から楽しみです。

次はワラターズ戦。そしてブルーズ(ニュージーランドのオークランドを拠点にしているチーム)がまた秩父宮にやってきます!

ではでは

熊木

タグ : , ,

投稿日 : 2018.3.24 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

スーパーラグビー サンウルブズ & チーフス キャプテンズラン vol 3

スーパーラグビー サンウルブズ & チーフス キャプテンズラン vol 3

昨日秩父宮ラグビー場で行われた、サンウルブズのキャプテンズランとチーフスのキャプテンズランを取材してきました。

この試合でサンウルブズで注目しているのはリーチ・マイケル

IMG_0548

彼は3シーズンチーフスでプレーをしていたこともあり、古巣対決に誰よりもワクワクしていると思います。

チーフスのストロングポイントとウィークポイントをどのように攻略するかが勝敗の鍵になると思いますが、チーフスは今年から監督が変わったのでどのように変化がされたかが未知数でもあります。

昨日はチーフスの選手のBBQをオーガナイズしたそうですが、対戦相手でもあるチームなので参加しなかったとのことです。「参加したら負けてしまう」とコメントをもらいました。

チーフスへの恩返しも込めてトライを期待しています。

そして遂に今季初のニュージーランドチームの来日です。

この試合で注目の選手は、10番に入ったダミアン・マッケンジーです。

IMG_0555

彼がいかにゲームをコントロールするかが勝敗の鍵となること間違いないです。

また兄弟でオールブラックスセブンズとしても来日している15番のマーティー・マッケンジーとの連携も気になります。

IMG_0639

お互い相乗効果で同じポディションができる選手なので、機能しなかった場合はスイッチする可能性があります。そのためサンプルブズの選手たちもしっかりコミュニケーションを取り、プレッシャーをかけなくてはならないと思います。

さらにフォワード全員の平均身長193.6cm 平均体重は111.2kgとかなりビックサイズなので、サンウルブズのフォワードとどうマッチアップするかも楽しみです。

IMG_0626

キャプテンズラン早々テニスボールを片手でキャッチするトレーニング。
コーチがテニスのラケットを振り選手が一列に並びボールをキャッチ!

IMG_0621

ダミアンも数回キャッチしていました。

IMG_0604

このように遊びの要素も入れている事も必要なのかもしれません。

後ほど秩父宮ラグビー場へ取材に行きます。

選手たちへ質問がございましたら、メールにてお願いします!

ではでは

熊木

タグ : , , , ,

投稿日 : 2018.3.23 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディーベイにて撮影取材をさせていただきました

クラウディーベイにて撮影取材をさせていただきました

こんにちは。

オークランドからマールボロへ移動後、クラウディーベイに宿泊滞在させていただきました。

クラウディーベイには、The Shack(シャック)と呼ばれる宿泊施設があります。

この施設のレポートについてはまた後日詳しくさせていただきますが、ラグジュアリーでありながら、日々の喧騒を忘れてゆったりすることのできる、本当に素晴らしい所なんです。

さて、クラウディーベイでの撮影は、早朝からスタートしました。

240

滞在させていただいていたこの日は、ちょうどスパークリングワイン「ペロリュス」用のピノ・ノワールの収穫日で、収穫時期のクラウディーベイの一日ということで、畑の責任者、ジム・ホワイト氏に密着取材させていただき、ビデオ撮影を行いました。

120

(ビデオは現在鋭意編集中です)

クラウディーベイはマールボロ内に200以上のブドウ畑の区画を所有しています。

これくらいの規模になると、スタッフ規模も数十人にのぼります。複数の区画を管理する数人のマネジャーがいて、日ごとにブドウの状況を確認しながら、日々収穫時期と計画についてミーティングを重ねるそうです。

ジムはチーム統括しており、各マネージャーからの報告に応じながら、日々畑を回るそうです。

109

いくつかの畑の区画を案内していただいた後に連れて行ってくれたのが、今まさに収穫をしているピノ・ノワールの畑でした。

ここでは、バックパッカーや季節労働者などがパートタイムで集まり、朝から収穫をしていました。

117

驚いたことに、これだけ大きな規模の畑を持ちながらも、クラウディーベイは全て手摘みでブドウを収穫しているということです。

作業者たちは慣れた手つきでどんどんブドウを収穫し、流れるように籠から大きなケージに詰められていきます。

60

非常ににぎやかなこの収穫の時期が、畑に携わるスタッフたちにとって、一年で一番忙しくも、エキサイティングで楽しみな日々なんだそうです。

私も一房ピッキングさせていただきながら、ピノ・ノワールのブドウを食べさせてもらいました。収穫を迎えたブドウは甘みと酸味のバランスがとてもよく、とっても美味しかったです。

(ちなみにこの後、工場見学をした際にセントラル・オタゴのピノ・ノワールが到着して、それも試食させていただいたのですが、全然味が違ったことに驚きました)

しかし、今日ピッキングしたブドウがペロリュスとなり、世界のどこかの誰かが飲んでくれると思うと、とても感慨深い気持ちになりました。

266

取材をさせていただきながら、大変貴重な経験をさせていただくことができました。

ジムをはじめ、クラウディーベイの皆さま、本当にありがとうございました。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.3.21 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

マールボロファーマーズマーケット

マールボロファーマーズマーケット

こんにちは。

今回のNZ滞在の一番の目的は、ワインの聖地マールボロでのワイナリー廻りです。
そのため今回は3泊4日で、マールボロに滞在しました。

ワイナリーレポートはこれから順次お送りしていきますが、今回は「マールボロファーマーズマーケット」について、レポートさせていただきます。

32

マールボロ地域の中心街はブレナムと呼ばれる、人口3万人ほどの町です。

そのブレナム市街地の中心にある広場で、毎週日曜日の午前9時から12時までマーケットが開かれています。

マーケットでは、パン、軽食、コーヒー、野菜、果物、卵、お花、ハーブ、それにハンドメイドの日用品など、たくさんのものが出展されています。

快晴のこの日、9時頃にマーケットに着くと、それぞれがテントを張った中にお店の商品を広げ、準備を進めていました。中にはキャンピングカーでお店を開いている人もいます。

19

最初はまばらだったお客さんも、9時半ころから徐々に人が集まり始めてきました。

お客さんのほとんどが家族連れで、日曜の朝を楽しんでいるようです。
各々に好きなパンやコーヒーを買い、テーブルで朝食をしていました。

お休みの日は家族との時間を大切にする、海外ならではの文化を見たように感じました。

さて、今回ファーマーズマーケットの中で注目したのは、フランスから渡って来て、マーケット内でパンを販売しているローラさんです。

10

彼女のご主人は、今回大変お世話になったワイナリー、クラウディーベイにお勤めです。
休日には彼女のビジネス、ライフワークを助け、支えているそうです。

23

ビジネス面でもお休みの日には支え合う、こういったところも、とても素敵な文化を見た気がしました。

マールボロはワイナリーだけではありません。

もし日曜日に訪れることがあったら、是非ファーマーズマーケットへ行って、現地の人に触れてみてくださいね。

我妻

タグ : , ,

投稿日 : 2018.3.19 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

オークランドで活躍する日本人、野村祥恵さんを取材させていただきました。

オークランドで活躍する日本人、野村祥恵さんを取材させていただきました。

こんにちは。

オークランドに到着後、現地で活躍する有名な日本人の方を取材させていただきました。

野村祥恵(のむらさちえ)さんは、高校卒業後の18歳から単身ニュージーランドに渡り、ニュージーランドの大学を卒業されました。そのままニュージーランドで就職し、キャリアを重ねていきます。

そんな中、とある事件をきっかけに、本当に自分の大好きなことをやって生きよう決心し、2011年5月に料理教室「Sachie’s Kitchen」をオープンしました。

4

日本のお祭りで着る「はっぴ」を用意したり、伝統的な日本食を教えたりなどをしたことで、あっという間に大人気となり、TVはもちろん、数多くのメディアに取り上げられました。

9

いまでは自身のプロデュースしたテレビ番組、レシピ本の出版、自身のプロデュースする食品のスーパーマーケットでの販売、そして、料理を用いたチームビルディングの研修プログラム制作など、非常に幅広くビジネスを展開しています。

たくさんのオファーが舞い込んでくるという現在、ふとしたところから、クラウディーベイから連絡が来ます。

クラウディーベイのレストラン「Jack’s Raw Bar」のフードマリアージュメニューを考案して欲しいと。

「日本をテーマにしたフードマリアージュ」という依頼の元、クラウディーベイのワインに合いながらも、奇をてらった創作フードではなく、日本を感じてもらえるよう、色々な工夫をされたという祥恵さん。

今年で2年目となる祥恵さん監修のメニューは、とても好評なんだそうです。

実際にこの取材の翌日にJack’s Raw Barにて、お食事を頂きましたが、和の心が伝わるとても美味しいメニューでした。

これからの夢や目標は、ニュージーランドと日本の両方に役に立つことをしたいとのこと。

具体的には、ニュージーランドには給食制度を導入させること。何もお昼に食べない子がいたりするし、給食によって学ぶことがたくさんあるので、是非それを広めたい。

また、日本では、オリンピックの選手村などでのお料理をプロデュースをしたいそうです。

パワフルに熱く語ってくださった祥恵さん。

12

海外で夢を実現し、これからもさらに大好きなことを展開して行っていらっしゃる彼女を取材させていただくことで、たくさんのパワーを頂きました。

詳しくはまた後日、Kiwi Friendsにアップさせていただきますね。

お忙しい中、ご対応くださいまして、ありがとうございました。

我妻

タグ : , , ,

投稿日 : 2018.3.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クーパーズ・クリークに訪れ、取材とテイスティングをしてきました!

クーパーズ・クリークに訪れ、取材とテイスティングをしてきました!

こんばんは。

羽田から出発し、オークランドに到着後、その足ですぐに向かったのは「クーパーズ・クリーク」というワイナリーです。

1980年に設立されたクーパーズ・クリークは、「ぶどうを、常にその最良のものが得られる場所で育てる」というポリシーの元、世界のおよそ20ヶ国以上にワインを輸出しています。

実は弊社で日本国内専売で取り扱わせていただいているワインが、こちらのクーパーズクリークで作られているワインの1つだということもあり、今回の視察では最も重要度の高いワイナリーのひとつです。

ありがたいことにオークランド空港まで迎えに来ていただき、車で約30分ほどいったところにあるワイナリーまで送迎してくださいました。

現在ニュージーランドは、晩夏。これから秋を迎えていき、今まさに葡萄の収穫の時期なんです。

ワイナリーに着くと、真っ先に実が成って、今まさに収穫を迎えようとしている畑に連れて行ってくださり、フルーツをピックして、テイスティングをさせていただきました。

5

この視察で初めてテイスティングさせてもらった葡萄は、赤ワイン品種のマルベックでした。

葡萄を一口食べると、じわっと甘さと酸味が広がりました。

7

マルベックはフルボディーの赤ワインとして知られていて、強いタンニンやスパイスが特徴ですが、葡萄自体は甘く熟れていて、とても美味しく感じました。

既に十分甘いと感じたのですが、まだこれでは熟成が不十分なのだそうで、あと一週間くらいで収穫するのだそうです。

さて、畑からセラードアに戻って、ワインのテイスティングをさせていただきました。

日本未入荷のものを中心に、以下のワインをテイスティング。

 1.ロゼ2016(マルベック100%)・日本未入荷
 2.ソーヴィニヨン・ブラン2017
 3.SV ピノグリ・日本未入荷
 4.SV モンテプルチアーノ2015・日本未入荷
 5.SV セントラルオタゴ ピノノワール2016(未発売)

※SVとは、セレクトヴィンヤードの略で、特別な畑で収穫された葡萄のみを使って作られた、アッパークラスのワインです。

この中の5の2015年ヴィンテージを弊社専売で扱っていまして、次のヴィンテージの2016を飲ませていただくというのも、とても楽しみにしていました。

写真は空港までお迎えに来てくれて、一つ一つのワインを丁寧に説明してくださった、セラードアマネジャーのジョンさん。

17

全てのワインの説明は割愛しますが、先ほど試食したマルベック100%で作られたロゼは、ストロベリーのように華やかな香りと程よい酸味と甘さを持った、とても飲みやすいワインでした。

ロゼワイン自体、日本では飲む機会が少ない傾向にありますが、ニュージーランドではロゼは人気のワインのひとつです。

12

少し先の将来、日本でもロゼブームが起き始めたら、マルベックで作られたこちらのロゼは、高評価を得られるように感じました。

そして肝心のSVセントラルオタゴピノノワール2016ですが、2015とはまた違ったポテンシャルとキャラクターを持っていると感じました。

22

実は2016はまだニュージーランド国内でもリリースされていません。ボトリングは終了していますが、5月~6月ころから販売開始とのこと。

あくまで個人的な感想ですが、2015は「バランサー」。何度も記事を書かせていただいていますが、果実味、ミネラル、タンニン、スパイス、これらが幾層にもバランスよく重なり合って、非常にエレガントな味わいが特徴です。

それに対して2016は「フローラル&エレガント」。まだ若く、2015の味の中の果実味が少し際立っているように感じました。

5月から6月ころには恐らく少しずつ瓶内熟成も進んでいくでしょうから、また味が変化していくと思います。

またその頃にテイスティングさせてもらうのを楽しみにしています。

我妻

タグ : ,

3 / 240« TOP...2345...LAST »

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information