ホーム > NZブログ > ソーヴィニヨンブラン

NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2017.6.16 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

初夏のニュージーランドワイン開催報告

初夏のニュージーランドワイン開催報告

こんにちは、我妻です。

昨日は私主催で「初夏のニュージーランドワイン会」を開催させていただきました。
少人数での開催となりましたが、参加者の方々も楽しく交流していただき、非常にアットホームな会となりました。

通常、ワイン会といえば赤・白両方出すのが普通ですが、今回は白ワイン、しかもソーヴィニヨンブランのみに限定した、ちょっと変わった会として企画しました。

19238375_1206669482778047_1753816525_o

しかし、同じソーヴィニヨンブランでもこれほどに違いがあり、しかもどれも味わい深いと感じていただけたのではないかと思います。

スタートはクラウディーベイのソーヴィニヨンブラン 2016から。
ソーヴィニヨンブランには、さっぱりとした和食も合うということを感じていただきたかったので、大葉と大根おろしと釜揚げシラスの和え物をご用意させていただきました。

19238288_825071597639961_2100714461_o

ワインには洋食というイメージが皆さん合ったようで、とてもびっくりされていました。

続いては、インヴィーヴォの種類の異なる2つのソーヴィニヨンブランをご用意しました。
特に良質なブドウが採れるとされる、アワテレヴァレーのソーヴィニヨンブラン 2015は、通常のソーヴィニヨンブラン
2016と比べて飲み口がまろやかで、立ち上ってくる香りがほんのりと甘いワインです。

19181950_1206673419444320_1778319964_o

通常の方は冷やしたほうが飲みやすく、アワテレはもう少し高めの温度が飲み頃と感じました。

これら2本には、トマトとレタス、生ハムのサラダと、ローズマリーでほんのり香り付けした鳥ハムをご提供させていただきました。

19243924_1206669202778075_1615204349_o

4本目からは、樽熟成のテイストを入れたものをご提供。

その1つ目は、ニュージーランド滞在時にも訪れたワイナリー、アミスフィールドのソーヴィニヨンブラン 2015です。
口に含んだ瞬間に感じるほのかな樽の香りとクリーミーなテイストが特徴ですが、そのインパクトはすばやく消え、最後に口に残るのは、ソーヴィニヨンブランの爽やかな果実味という、2度味わうことのできる良質なワインです。

5本目は、日本人醸造家のコウヘイ氏が手がけるアタマイのファンキーソーヴィニヨンブラン 2016。
こちらはアミスフィールドよりもさらに樽熟成、樽の香りをしっかりつけているので、ハニートーストのような甘く芳醇で、香ばしい味わいが特徴です。

こちらには、かつおのたたき、アンチョビとトマトとバジルのパスタを合わせていただきましたが、皆さんとにかくアタマイの美味しさを存分に味わっていただいたように思います。

19243706_825071644306623_1669841780_o

最後は、王道クラウディーベイからテココ2013をサーブさせていただきました。
アタマイとの飲み比べでは、テクスチャーの比較をしていただいたので、それぞれのよさを感じていただけたのではないかと思います。

少しずつ残った1~6本目とあわせて、最後にグレープフルーツ、ピンクグレープフルーツ、パイナップルと3種類のフルーツをご提供。
そして、デザートとは言いづらいですが、NZで人気のウィッタカーのミントチョコレートを味わっていただき、終了です。

今回、ニュージーランドワインの美味しさを皆様に知ってもらう機会をご提供できたことを、心から嬉しく思いました。

19250047_1206669656111363_1864994550_o

また開催させていただきますので、ご縁のある方がいらっしゃっていただけることを楽しみにしています。


<ワインリスト>

・クラウディーベイ ソーヴィニヨンブラン 2016
・インヴィーヴォ ソーヴィニヨンブラン 2016
・インヴィーヴォ アワテレ ソーヴィニヨンブラン 2015
・アミスフィールド ソーヴィニヨンブラン 2015
・アタマイ ファンキーソーヴィニヨンブラン 2016
・クラウディーベイ テココ 2013

我妻

タグ : ,

投稿日 : 2016.4.22 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

JALビジネスクラス採用 クロスロード マールボロ ソーヴィニヨンブラン2015

JALビジネスクラス採用 クロスロード マールボロ ソーヴィニヨンブラン2015

最近JALに乗った知り合いから、機内でニュージーランドワインを飲んだという話しを聞きました。
ホームページを見に行ってみると・・・ビジネスクラスのJALワインセレクションに「クロスロード マイルストン シリーズ マールボロ ソーヴィニヨンブラン2015」が載っていました!

compass1446466267

こんな場所で見るとニュージーランドワインも、徐々に世界に広まってきているんだな~と、嬉しい気持ちになります。
JALの国際線に乗る機会のある方は、是非飲んでみて下さいね。

ブリーズオンラインショップでもビジネスクラスの味が1390円(税込)で取り扱っていますので、飛行機に乗らない方もお試しになってみて下さい!

福本

タグ : , ,

投稿日 : 2014.11.15 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

クラウディー・ベイ × ケシキ (マンダリンオリエンタル東京)

クラウディー・ベイ × ケシキ (マンダリンオリエンタル東京)

103日(金)マンダリンオリエンタル東京「ケシキ」にて、クラウディー・ベイのメーカーズディナーが開催されました。

 

しかしながら日程の都合で参加する事が出来なかった為、後日同じメニューを作って頂きました。

 

下記にご紹介します。

 

 IMG_9263

『タレッジオチーズとアスパラガス スペックハムと黒トリュフソース』

ワインより、ビールとマリアージュした方が良さそうな味わいでした。ピザは本当に美味。

 

IMG_9264

『トマトとパンの煮込み ストラッチャテッラチーズとアンチョビ』

初めて口にする複雑な味わいでした。

 

IMG_9265

『メカジキのポリート カラブリア産の辛いサラミ ズッキーニとパプリカのスカペーチェ』

ソーヴィニヨンブラン2013とテココの2パターンでマリアージュ。

ソーヴィニヨンブランの方が合うと思いました。

 

IMG_9267

『雲丹とスカンピのリゾット レモンと共に』

同じくソーヴィニヨンブラン2013とテココとでマリアージュ。

 

こちらはテココの方が合うと思います。雲丹はあまり得意じゃないんですが、リゾットとの組み合わせは最高でした。

 

IMG_9268

『鯛のグリル 黒オリーブ フェンネルの香り』

ソーヴィニヨンブラン2013とテココとでマリアージュ。

 

個人的にはシャルドネとマリアージュしたかったですね。

味付けは薄口で、ワインとのマリアージュを意識していたのかな!?

 

IMG_9272

『仔牛スネ肉の煮込みスペッツアティーノ ソフトポレンタ添え』

ピノノワール2012とマリアージュ。

言うまでもありません。パーフェクトです。

 

IMG_9273

『リコッタチーズとカカオ レモンピールのシチリア風カンノーリ』

面白い食感でした。しかし、少々食べづらかったかな・・・特に女性には。

 

 

今回のディナーでマリアージュさせたのは、クラウディー・ベイソーヴィニヨンブラン2013Te Koko2011とピノノワール2012です。

 

無理なお願いにも関わらず対応して頂いたマネージャーを始めスタッフの方々、本当にありがとうございました。

 

その名の通り景色も良く、またプライベートでも伺いたいなと思えるレストランでした。

 

ではでは

 

熊木

タグ : , , , , , , , , , , ,

投稿日 : 2014.8.9 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

Breeze Shop × Riverby Estate (ニュージーランド産ワイン)

Breeze Shop ×  Riverby Estate (ニュージーランド産ワイン)

取扱いアイテム第9弾は、マールボロ産の「Riverby Estate(リヴァビー・エステート)」というワインです!!

 

「リヴァビー・エステート」の名前は、マールボロ地方を蛇行して穏やかに流れるオパワ川に由来し、ラベルにはかつてこの川でよく捕れたニジマスが描かれています。

ブレナム空港にほど近いジャクソンズ・ロード一帯はクラウディ・ベイやアラン・スコットなどが拠を構える、マールボロ有数の銘醸地です。

また、マールボロでは珍しくソーヴィニヨンブランに若干セミヨンをブレンドするユニークなアプローチも行なっています。

 

ここでうんちくタイムです。

リヴァビー・エステートはサスティナブル・ワイングローウィング(SWNZ)の公認のメンバーなのです!!!

 

おススメはソーヴィニヨンブランです。マールボロのソーヴィニョンにしては控えめな香りですが、口当りは豊かでバランスのとれた凝縮感があり、柑橘類のような酸による構成は、長い余韻へと続きます。

 

高橋

タグ : , , , , , , , , ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information