NZブログ

 各種条件で絞り込み

ニュージーランドの旬な情報や取材報告など、タイムリーな話題を綴っています。

投稿日 : 2018.3.10 | 投稿者 : Kiwi Breeze | パーマリンク

一週間のニュージーランド視察に来ています!

一週間のニュージーランド視察に来ています!

こんにちは。

今年も一週間のニュージーランド視察へ行かせて頂くことになりました。

昨年は成田から就航しましたが、今回は昨年就航した羽田ーオークランド便にての国際線を利用させていただきました。

羽田便は夜22時05分のフライトとなり、オークランドへは12時40分に到着するというスケジュールです。

その日当日はお仕事や予定を過ごして、オークランドに昼に到着するという時間を計算されてスケジューリングされていました。

フライトは順調にオンタイムで出発し、1時間30分位した後、日本時間で23時半くらいに夕食がサーブされました。

遅い夕食となりますので、フライト前に軽食を取られておくことをお勧めします。

夕食は洋食と和食のどちらかを選ぶことができます。

今回の洋食は
チキンソテー トマトソース和えとポテト

Dinner2

和食は
牛肉の照り焼きソース煮込みとライス

Dinner1

というメニューでした。それぞれにポテトサラダとバター、パン、チーズ、クラッカー、デザートが付きます。

私はチキンソテーを選びましたが、やわらかくソテーされたチキンに、優しいトマトソースが掛かっていて、とても美味しくお料理をいただけました。

また、ニュージーランド航空といえば、エコノミークラスでもバラエティー豊かなワインが飲めることが特徴です。

5種類のワインを選ぶことができ、
 DUCETのスパークリングワイン

IMG_4213

VIDALのソーヴィニヨンブラン

IMG_4215

THORNBURYのシャルドネ

IMG_4216

VILLA MARIAのピノ・ノワール

IMG_4217

THORNBURYのメルロー

IMG_4218

を飲むことができました。

今回、行きのラインでは、DUCETのスパークリングと、VIDALのソーヴィニヨンブランを注文させていただきました。

それぞれにとても飲みやすく、特にVIDALは、初めてNZワインを飲む方には、ある意味で典型的なマールボロのソーヴィニヨンブランという形で飲みやすさを感じてもらえるワインだと感じました。

日本時間で朝6時半ころ、朝食がサーブされました。

こちらも同じように洋食と和食が選べます。

洋食は
「オムレツとソーセージ、ハッシュドビーフ」

Breakfast2

和食は
「サーモンと煮物、卵焼きと、ライス」

Breakfast1

でした。

同じように洋食を選びましたが、オムレツには残念ながら味があまり無く、ケチャップが欲しいなと感じました・・

夕食がとても美味しかっただけに残念です。

ところで、ニュージーランド航空は「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を5年連続で受賞しています。

驚いたのは、フライトアテンダントに男性が多いことです。

おそらく、他のエアラインではほとんど女性ではないかと思うのですが、私の座っていたブロックを担当していたのは、2名とも男性。

お二人ともとても明るく、ホスピタリティーのあふれる人たちでした。

夕食の美味しさ、ワインのバラエティー、そしてホスピタリティーと、とても満足のいくフライトでしたが、やはり東京出発が22時だと夕食が遅く、朝食が早いので、あまり休む時間が無いのが難点でした。

せめて東京発が21時くらいだといいかなと感じました。

とはいえ、さすがエアライン・オブ・ザ・イヤーを5年連続で受賞しているというだけあって、とても快適な空の旅でした。

それでは、これから引き続きニュージーランドの視察状況をレポートしていきますので、どうぞお楽しみに。

我妻

タグ : ,

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2018.5.8

NZフレンズに「Clive Jones」をアップしました!!

登録日 : 2018.4.10

NZフレンズに「野村祥恵」をアップしました!!

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information