ホーム > NZフレンズ > 文化人 > Lorraine Moller

NZフレンズ

 カテゴリーで絞り込み

#0029 | 登録日 : 2009.12.22

『「こうなりたい」を強く持って』

ロレーン・モラー
Lorraine Moller

Lorraine Moller

1955年6月1日、ニュージーランド北島ハミルトン近くのプタルル生まれ。
1979年24歳の頃アメリカに移住し、現在はボルダーに居住している。

1992年バルセロナオリンピック・女子マラソンの銅メダリスト。大阪国際女子マラソンにも何度も出場しており、3回優勝を果たしている。

主な活動として「ハート・オブ・ゴールド」の副代表理事を務めている。名付け親はモラー本人であり、代表理事は有森裕子が務めている。

走り始めたきっかけについて

14歳から陸上を始めました。
その当時は「女性が長距離走ると将来子供を産めなくなる」と信じられていて、ニュージーランドでも世界でも女子で陸上をする人は稀でしたね。それで最初は短距離でトレーニングをしていたのですが、非常にタイムが良く周りからすごいと言われたのがきっかけで、思い切って長距離に転向しました。

NZおススメスポット

私はニュージーランドのビーチが好きです。
特におススメなのは、北島のMt Maunganuiですね。
それから、実は私の名前の付いた公園もあるんですよ!

NZおススメFood

ニュージーランドといえば「フィッシュ&チップス」ですよね。
でもヘルシーじゃないのが難点です。
あと、ベジマイトですね。これは体にも良いし、ニュージーランドの子供も好きな子が多いですよ。

日本について

日本は私にとって大切な場所です。
大阪マラソンには何度も出場していますし、3回優勝することもできましたしね。
人柄も良いし、とても気持の良い環境だと思います。

日本を3つの単語で表すとするなら

エクセレント、プライド、シリアスですね。

来日経験は?

最低12回は来日してますね。
日本が大好きなので、是非また近々来たいと思っています。

将来の夢や目標について

現状に満足しているので、このままでもとても幸せなんですが、より多くの人に「リディアード※」を知ってもらいたいですね。
スポーツにおいても人生においても、最も重要なのはメンタルなので、「自分がこうなりたい」という強い意思を持つことが大切だと思うんです。私の場合そうすることで4回連続でオリンピックに出場し、唯一女子で完走出来ましたし。
そのノウハウが「リディアード」には詰まっています。だから、もっとたくさんの人に知ってもらいたいですね。

※「リディアード方式」・・・ニュージーランド出身の元トップランナー、アーサー・リディアードが確立した中長距離のトレーニング理論。“有酸素レベルのランニングを基礎とし、それを土台に ヒルトレーニング、無酸素トレーニングを積んでいく”という、リディアードが自らの経験・運動生理学の知識を融合させ作り上げた方式。

日本のファンへのメッセージ
スポーツ
クリケット ゴルフ サッカー テニス ラグビー 卓球 格闘技 槍投げ 水泳 野球
ワイン

What's new!

More >

Kiwi Breezeの更新情報です。

登録日 : 2017.9.13

NZフレンズに「kimbra」をアップしました!!

Twitter

NZ Information